2019年11月25日

マフィア博物館

Las Vegas, Nevada in USA, Nov/18(Mon)
Run: 0Km, Cumulative: 45,939Km
Las Vegas Hostel (USD: 17.29)

ラスベガスの周りは砂漠地帯。こんな所になんでこんな巨大な町ができたか、気になっていたので調べてみた。

ネバダ砂漠の中で、この付近は窪んだ地形となっており、オアシスとなっていた。1840年代、ゴールドラッシュが起こると、カリフォルニアに向かう砂漠の中継地点としてこのラスベガスが栄えていく。1929年大恐慌が起り、主な産業がないネバダ州は、税収確保のため1931年に賭博を合法化する。

第二次世界大戦後、カジノが収益を上げることが判ると、マフィア(犯罪組織)が続々とホテルを建設するようになった。

1960年代後半頃から当局の取締りが厳しくなるにつれ、マフィアは次々とホテルの経営権を手放すようになり、不動産会社や大富豪がこれらのホテルやカジノの経営権を引き継いだ。そして、1980年代の末頃から巨大テーマホテルブームが起こり、現在に至っている。

それでマフィア関係が展示されているダウンタウンの、MOB(マフィア・ギャング)博物館を訪れる。

s-IMG_9158

マフィアはイタリアが発祥地だが、1900年初期、イタリア難民がアメリカに200万人以上渡った。その中にはマフィアも含まれていた。

s-IMG_9152

マフィアは主要都市に分布する。中でも有名なボス、アル・カポネはシカゴに拠点を置いた。(中央真中の列)

s-IMG_9136

s-Al Capone

マフィアは勢力拡大を繰り返し、アル・カポネが指揮したと言われる1929年2月14日の「セント・バレンタインデーの虐殺」は有名。ここでは警察に扮したアル・カポネの構成員か敵対するマフィア7名(一般市民も含む)を壁に並ばせて射殺して、全米中で話題になった。

s-IMG_9140

その時の壁が復元されていた。壁には血なまぐさい銃痕跡が多数残されている。しかし、この虐殺では一人も逮捕されなかった。

s-IMG_9153

「殺人株式会社」と言われるプロの殺し屋集団。1930年代には全米で1000人以上がいて、数百名のマフィアやギャングを殺害している。暗殺はビジネスに限定され、足が付かないようにしていた。

s-IMG_9147

主なマフィアやギャングの暗殺現場

s-IMG_9154

当局の取り締まりも次第に厳しくなっていく。これは電気椅子。

s-IMG_9146

ラスベガス、カジノホテルの様子

s-IMG_9155

この他にも取り締まる側や裁判風景等も展示されている。マフィア・ギャングの地下組織と警察や司法の対決は永遠に続いていくのだろう。怖いマフィアの一部を垣間見た。

現在の巨大なカジノホテルがあるストリップ通り近辺は、大勢の人で賑わっていて非常に華やかなだ。しかし、私が泊まっているダウンタウン近辺は、以前栄えたであろうモーテルは今、廃墟になっているのも多い。

s-IMG_9125

又、広場や路上、コンビニの近くでも浮浪者やホームレスがいて金をせびる者もいるし、ゴミが散乱している。

s-IMG_9134

アメリカの大都会は非常に華やかな反面、社会から見捨てられたような人たちが多数いることも現実だ。

posted by mino at 01:00| Comment(0) | 北米>USA アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月24日

ダウンタウンを散策

Las Vegas, Nevada in USA, Nov/17(Sun)
Run: 2Km, Cumulative: 45,939Km
Las Vegas Hostel (USD: 17.29)

私が泊まっている部屋は6人部屋、広くてトイレとシャワーが付いている。4日目になるが、いつも2〜3人しか利用してない。寛げるいい部屋だ。

s-IMG_9101

このホステルはフリーモント・ストリート沿いにある。そのまま西に1.5キロ行くとダウンタウンになる。

ダウンタウンの入口には「Welcome to Fabulous Las Vegas」の看板がここにもあった。

s-IMG_9120

通りはアーケードになっていて、巨大なLEDスクリーンが続く。まるで天の川のようで楽しませてくれる。

s-IMG_9115

両側には商店やカジノホテル、バー等がぎっしり。ストリップ通りのバカでかいホテルとは全く異なる。一見してこちらの方が歴史あるエリアと分かる。

s-IMG_9111

s-IMG_9106

自転車でパトロールする警官

s-IMG_9116

ストリート・パフォーマーもいる。軽快なリズムのサウンドを奏でていた。思わず立ち止まりチップを入れる。

s-IMG_9118

カジノを覗くと天井は低いが中は広い。サイコロゲームをやっていた。

s-IMG_9109

現代版もいいが、このような古き時代を感じさせてくれるのもいいものだ。

s-IMG_9114

日中は最高気温25度、まだまだ夏のような眩しい日差しでサングラスが必要だ。

s-IMG_9122

先日買ったS&Bゴールデンカレーがまだ1箱残っている。日本で売っている2/3位の大きさで3.99ドルと若干高い。箱を見ると日本製、わざわざ運んできたのだろう。

s-IMG_8549

なので夕食は野菜たっぷりのビーフカレーを作る。美味い!

s-IMG_9122a
posted by mino at 01:00| Comment(0) | 北米>USA アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月23日

ハードな梱包箱運び

Las Vegas, Nevada in USA, Nov/16(Sat)
Run: 19Km, Cumulative: 45,937Km
Las Vegas Hostel (USD: 31.26)

シューズがかなりボロボロになり、上や横にも穴が開いてしまった。通気性が良く、潰せばサンダル変わりになり非常に気にいっていた。帰国までこれで我慢しようと思っていたが、臭いが浸み込んでいて、洗っても取れなかった。

s-IMG_9083

それで2キロ西に行った所にある、ノース・プレミアム・アウトレット・モールへ出かける。かなり大きくまだ新しい。

s-IMG_9089

アシックスの店があった。

s-IMG_9087

様々な店に入ったが、気にいったのが見つからない。ニューバランス店へ。

s-IMG_9085

今履いているシューズと似た用な感じがあった。色々履き比べて幅広サイズ7を購入。30%引きで45ドルと値段も手ごろで満足。

s-IMG_9099

その後、近くの自転車店へ。バスターミナルビルの中にあった。梱包箱を貰おうと店員に聞くと、別の場所で開梱し自転車本体を運んで来るので無いと言われた。それでバイク・ワールドを紹介してくれた。

s-IMG_9084

ネットで検索すると2軒見つかった。ホステルから南6〜7キロの店に行く。

店に着きおじさん店員に聞くと、直ぐ持ってきてくれた(5ドル)。キャノンデールの29インチホイールなので大きさは大丈夫だ。

s-IMG_9093

タクシーを呼んでと頼むと、快く引き受け電話してくれた。

ところが繋がらない。別の会社にも電話するが全然ダメ、どういう事?

店は大きな交差点沿いなので、タクシーを拾えるか聞くと、無いとあっさり否定される。
バスは有るという。でもバスに自転車と梱包箱を乗せていくのは、私にはちょっとハードルが高い。

仕方なく、ルート号に載せて帰ろうか。梱包用ビニールテープを借り試行錯誤。これだと垂れ下がって引きずってしまう。

s-IMG_9095

サドルの上に鞍のように跨がせる方法で前後をテープで固定してみた。

s-IMG_9096

前輪にも若干かぶさるのでハンドルは切れないが、何とかなりそう。

s-IMG_9097

後ろから見るとこんな感じ。

s-IMG_9098

14時半、ルート号を押してホステル方向に進む。

日差しはきつく喉がカラカラ、途中でコーラを買う。

昨日は観光で歩き通したが、今日は梱包箱でまた歩く。次第に足が疲れてくる。自転車では鍛えられたろうが、歩くのはシンドイ。

16時、夕日が傾いた頃、ようやくホステルに到着。シャワー後、ドッと疲れてベッドにしばらく横たわる。足の疲れた部分をマッサージする。

夕食は牛肉の野菜炒めにビール。

s-IMG_9100

取りあえず、出発までの準備は整った。ビールが効いて20時半には寝てしまった。
posted by mino at 01:00| Comment(0) | 北米>USA アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする