2017年02月16日

水彩画 - 南米編

ペルーインカ帝国の首都クスコへはアンデス山脈の厳しいアップダウンを避けるため、バスを利用した。地上絵で有名なナスカから、バスは一気に4200mの峠まで上った時、突然胸の締め付けで目が覚めた。動悸はするし頭も痛い、高山病になってしまった。初めて経験する高山病とはこんなにもきついとは知らなかった。

中心地アルマス広場に面する教会

s-DSC09124

標高3810mのチチカカ湖畔にあるプーノ。高山病がようやく治りかけた時、今度は酷い下痢。宿でじっとしていたが、気分転換に街に出ると鮮やかな民族衣装の若者たちが、けたたましい音楽に合わせてパレードをやっていた。

絵は未完成。あと一日、たっぷりあればできるのだが余裕はないし。また帰って来てから描こう!

s-DSC09281

アルゼンチン、メンドーサからチリへ抜けるにはアンデス山脈を越えなければならない。その途中にあったインカの橋(Puente del Inca)。川沿いには天然の岩が黄色や赤みがかっていた。橋の所から温泉が湧きでていて、このような色に変色したという。遺跡のような建物はかつて温泉施設だったが、今は廃墟になっている。名前はインカだが遺跡とは全く関係ないようだ。

s-DSC09153

インカの橋から西へ20Km、国境のトンネル抜けチリ側に入る。標高3190mの国境付近では綺麗な雪山が待っていた。

s-DSC09162

パタゴニアの名峰、フィッツロイはどこから見ても絵になる。世界中のクライマーの憧れの山でもある。フィッツロイの直ぐ近くまでトレッキングした時も、悪天候にも関わらず、テントを張ってジッと待っている登山者が何人かいた。

朝日に輝くフィッツロイ

s-DSC09178

posted by mino at 21:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 水彩画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月06日

水彩画、ユーラシア編

今通っている絵画教室「35ART」で、旅の思い出を描いてみました。

ラオスの首都ヴィエンチャン。賑やかだったタイに比べ辺りはひっそりしていて、面白味のない首都だった。唯一賑わっていたのが朝市。手押し車を押す人々やバイクが行き交い、野菜を売るおばちゃんの掛け声が回り中から聞こえてくる。こういう活気のある光景を見るとこちらもワクワクしてくる。

s-DSC09150

春、中国西安からシルクロードを西へと進んでいく。立ち止まって写真を撮っていたら、農夫に声をかけられる。牛を引いて畑を耕していた。しんどい作業だろうが家族で仲良く、温かみがあっていいなあ。

s-DSC09129

中央アジア、ウズベキスタンは7月。シルクロードの古都サマルカンドは青の都と呼ばれている。日陰の露店では女性がリヤカーの上でナンを売っていた。

s-DSC09136

ユーラシア大陸横断の終盤スペインに入った。地中海沿いの穏やかな気候で青空が広がる。バルセロナのサグラダ・ファミリア教会

s-DSC09179

リヤカーを引いて歩いている人がいた。チェコのルバさんは私と同じ年。ヨーロッパ中を回っているそうで既に9年になる。歩く距離は一日たったの20Kmほど、適当な場所で寝る野宿旅だ。リヤカーかと思ったら、スーパーのカートではないか!それに荷物を満載。ペットボトルを一杯ぶら下げ、ジャケットやシュラフ、テントを縛り付けて干していた。小さな車輪でさぞ引っ張りにくいだろうに。
これからどのくらい旅するか聞いたら、自分でも分からないと言う。日焼けした脚は流石に逞しかった。世界には凄い人もいるもんだと頭が下がる。

s-DSC09144

2013年12月に帰国後、翌年5月からヨーロッパの旅に出かける。スロバキアの小さな村にて

s-DSC09142

ドイツからは当初、西を目指して進もうと考えていたが、物価が高く浪費しているような感覚になり、再び東へ向きを変える。ポーランドは2回目。ようやく落ち着きを取り戻し、バルト海沿いの観光都市、グダニスクで寛ぐ。

s-DSC09163

posted by mino at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 水彩画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月22日

絵画教室の打上会

展示会は今日が最終日。少し早めに会場に行き、もう一度皆さんの絵を見る。絵は何度見てもいいもの、それぞれの想いが伝わってくる。

一度さらっと見て次にゆっくり見る。近くで見、少し下がってまた見る。絵画は写真にはない味わいがあるものだ。

s-DSC07164

見ていると皆さん丁寧に描かれて、雑に描いている自分のスケッチが恥ずかしくなってくる。もっと上手になりたいなあと反省しきり。

イメージはあっても実際に描くと中々思い通りに描けないもの。来年はもっと上手になるぞーと意気込む。

午後5時に終了し、皆さんで後片付けをする。その後は教室に集まっての打上会。ビールで乾杯後、ワインや日本酒を頂き盛り上がる。

s-DSC07165

展示されている絵画とその人の顔が一致しなかったが、ネームプレートを見て「あ、あの絵を描いた人だったの」と初めて顔が一致する。

同じ趣味を持った人たちと飲むお酒は美味しい。

アー酔っぱらってしまった。絵はやっぱり楽しい!
posted by mino at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする