2015年02月15日

パン屋さんに泊めてもらう

Rio Grande → Tolhuin in Argentina, Feb/05(Thu)
Run: 113Km, Cumulative: 29339Km
At Panaderia La Union

6時前に起床、朝食を済ませる。

午前 8時、スタート。今朝は曇り空。今日の目的地 Tolhuinは 106Km先で南東方向。

s-DSC06869

やがて低いどんよりとした曇に覆われ肌寒くなり長袖シャツを着込む。東の海から弱い風が吹いていて向かい風。3号線を進む。

s-DSC06871

道は殆どフラットで走り易い。

昼頃になると、ようやく晴れてきて暖かくなった。イギリス人サイクリストに出会う。彼はウシュアイアを出て今日で 3日目。まだ慣れないせいか太ももが痛いようだ。

s-DSC06874

弱い風は北方向に変わり追い風になる。昼食休憩。

s-DSC06877

平坦な台地から丘陵地帯になる。グアナコを何度か見かけるがかなり警戒心が強く遠くでも逃げていく。

薄い緑色の糸で覆われたような木が多い。木から毛が生えているようでそれが棚引いている、何か幽霊のよう。

s-DSC06878

暑くなったので半袖、短パンになる。遠くには山が見えてきた。

s-DSC06879

午後 4時、トルインに到着。パン屋さん(Panaderia La Union)に直行。サイクリストを無料で泊めてくれる評判のいい店だ。店の前は車であふれている。

s-DSC06882

店内に入るとかなり混んでいて次々に客が訪れていた。

s-DSC06884

私が躊躇していると男性店員がやって来たので、「泊めて欲しい」と話すと、直ぐ奥の方の英語が話せる店員の所に連れてってくれた。

彼はかなり忙しそうに仕事していたが、笑顔で応対してくれる。少し店内で待っていると「あなたはツアーリストだから」と言って、パンとコーヒーをサービスしてくれた。ウワー何て凄い店なんだ。どうもありがとう!

s-DSC06883

店の裏の倉庫に案内され、地下のジム室に泊まれる事になった。シャワーを浴びすっきり。

他にアルゼンチン・カップルのバックパッカーとドイツ人サイクリスト二人もいた。

置いてあったソファーの上にシュラフを引いて就寝。

2015年02月14日

リオ・グランデで休養

Rio Grande in Argentina, Feb/04(Wed)
Run: 0Km, Cumulative: 29226Km
Hostel Argentino

部屋は暖房が効いていて薄い毛布一枚でも暑いくらいだった。昨日までの追い風のせいか疲れている訳ではないが、日程的に余裕があるので今日一日休むことにした。

午前中はいい天気になり風も穏やか。朝食後は小綺麗なロビーでのんびりパソコンタイム。

s-DSC06856

土埃で汚れたウェア類の洗濯

s-DSC06857

庭でルート号を水洗いし、チェーンにオイルを挿す。

s-DSC06858

午後からは曇り空になり、今にも雨が降りだしそうな天気に一変。気温も 14度で肌寒い。この辺は街の中心の交差点。

s-DSC06859

宿から 200mも進むと大西洋の海。海岸沿いは広い遊歩道になっている。

s-DSC06865

キッチンでサンドイッチ作り。マーガリンを塗ってハム、チーズ、キュウリ、トマトを挟む。サンドイッチ作りも今回で最後になるだろう。

s-DSC06860

夕食はパスタ。これでもかなりの量だがペロリと平らげてしまう、自分でも驚き。

s-DSC06866

これで準備は整った。ウシュアイアまで残り 220Kmほどの距離を残すのみ。後 2-3日で到達できるだろう。

2015年02月13日

フエゴ島の大平原を走る

San Sebastian → Rio Grande in Argentina, Feb/03(Tue)
Run: 83Km, Cumulative: 29226Km
Hostel Argentino

昨日吹いていた強風は夜には止んだ。暖房は切っていたが夜中も暖かかく、お蔭で朝 6時までぐっすり眠れた。

マーティンは軽い食事を済ませると 7時前に出て行った。たったこれだけの荷物で旅している。

s-DSC06839

西の方向へ彼の姿が少しずつ小さくなっていく。

私は 8時前にスタート。ゲートの右側にある建物が泊まった待合室。イミグレの皆さん、本当にありがとうございました。

s-DSC06842

このアルゼンチン側サンセバスチャンは大西洋に面している。

出発すると目的地リオ・グランデまで 78Kmの標識。その下にはゴールのウシュアイア、たった 288Kmになった。

s-DSC06844

昨年11月10日、最初にボリビアからアルゼンチンに入った時は 5121Kmだった事を思うとかなり走ってきたものだ。(途中バスを利用していることもあるが)

グアナコ、その向こうは大西洋

s-DSC06845

風は昨日に比べて弱いがまた西から吹いてきた。草原(パンパ)が広がる大平原。

s-DSC06846

真直ぐに伸びる 3号線を南東へ風に押されて軽快に進む。

s-DSC06847

リオ・グランデはもう直ぐ、バス停で休憩。

s-DSC06850

昼過ぎにリオ・グランデに到着。ホステルは 2軒目で決める。250ソル(3750円)

s-DSC06853

明日もここで休養するので、スーパーで食糧やビール、ワインを買い込む。夕食は宿のキッチンで牛ステーキ300グラム。美味ーい。ワインは 1L 入りの紙パック、 250円位で買えこれで十分楽しめる。余ったらペットボトルに入れ持ち運ぶ。

s-DSC06854
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。