2014年06月23日

みんなでシェア飯

Budapest in Hungary, Jun/20(Fri)
Run: 5Km, Cumulative: 20974Km

ワールドカップ、ギリシャ戦開始の20分前に起こされた。前回試合前は殆ど寝れなかったが、今回はぐっすり3時間も寝てしまった。

前半にギリシャの選手がイエローカード2枚もらって退場。絶対有利の中、ボールの支配率が圧倒的に日本なのに相手に守り固められてなかなかゴールできない。

出るのはため息だけ、イライラが続く。

結局、0−0で引き分け。後味の悪い試合だった。
午前中は昼過ぎまでのんびり過ごす。

中央市場のすぐ横にアジア食材の店があった。

アジア店

香辛料のコーナーには様々な種類の袋が沢山並べられている。

香辛料


信州そばもあります。

そば

日本酒もあるが5合瓶で2000円ほどする。んー、飲みたいー!

日本酒


醤油はどうしても欲しかった。でも普通のキッコウマン醤油ではこぼれてしまうキャップなのでねじ込み式キャップを購入。インスタントラーメンも。

購入物

今日はみんなでカレーを作ることになった。キッチンでクッキングをしている若者の声が弾んで聞こえてくる。本当に楽しそうだ。カレーとから揚げができあがり、いただきまーす!こりゃー美味い、やっぱり日本の味、何とも言いようのない旨さが口の中に広がる。

シェア飯

新保夫妻は世界旅をしながら、このホステルで管理人の仕事を6月から始めている。普通はオーナーが対応して従業員はバイトでと思ってしまうが、オーナーの顔は見ない。バイトの新保夫妻だけで全てを賄っている。近くに個室のアパートもあり、両方を面倒見ている。

優しそうなご主人に綺麗な奥様。これから夏場にかけてはシーズンで混み合うだろう。様々なお客さんもおり、大変かと思うが休みもなく働く。頑張ってくださーい!

新保夫妻

5月末までは昨年キルギスのビシュケクで会ったコウタ君が長い間管理人のバイトをしていた。すれ違いになってしまったが、元気で働いていたようだ。

このアンダンテホステルは居心地が良く一週間も寛いでしまった。過去には多くの日本人旅人がこの宿に宿泊したことだろう。ベッドに横になっていると先人たちの想いが駆け巡る。


2014年06月22日

中央市場へ

Budapest in Hungary, Jun/19(Thu)
Run: 10Km, Cumulative: 20969Km

立派な建物の中に大きな市場があった。中には果物店や肉店、お土産店など沢山あり中2階部分にはレストランやカフェもある。

中央市場

ハンガリーはフォアグラの産地として有名で市場には多くの店がある。ガチョウやアヒルなどに沢山のエサを与えることにより、肝臓を肥大させて得る。

試しに小さな缶詰を買ってみた。夕食時に開けるとペースト状になっていてパンに塗って食べる。世界三大珍味で濃厚な味のようだが、食べやすく中々美味しい。

フォアグラ

沢山の果物が山積みされている。

果物類

世界三大貴腐ワインとして有名なトカイの白ワイン。17世紀、ハンガリー東部にある小さな町トカイでは戦乱のためブドウの収穫期を過ぎても摘み取ることができなかった。やがて干しぶどうのように腐敗し始めが、それを捨てるには忍びなく醸造したところ、濃厚で甘い蜜のようなワインになったことが始まりとされている。値段は5000円から8000円程度の高級ワインが置いてあった。

トカイワイン

中央市場の近く、ドナウ川に掛かる自由橋、鉄骨がまた綺麗。

自由橋

自由橋からの風景

ドナウ川

市民公園の池の畔に建つヴァイダフニャド城。1896年の建国1000年の博覧会で建てられた。この城は過去ハンガリーで建てられた様々な様式を取り混ぜた珍しい建物。博覧会終了後に取り壊される予定だったが、大変人気があったようだ。確かにいろんな物が混じってあり若干異様に見えたので、気に入らない部分は削除した。

古城

ホステル近くにハンガリーの有名な音楽家、フランツ・リストが開校したリスト音楽院がある。その前はリスト広場になっていて、そこのベンチに座っていると心地よい歌声が音楽院から聞こえてくる。

リスト音楽院とリスト広場

リスト音楽院と広場

リスト広場通りにはカフェやレストランがあって寛げる。

街角

明日午前0時からワールドカップ、ギリシャ戦があるので、9時前にはひとまず寝る。

2014年06月21日

ハンガリーの温泉

Budapest in Hungary, Jun/18(Wed)
Run: 6Km, Cumulative: 20959Km

ここ2−3日涼しかったが、今日はいい天気になり気温も26−7度まで上がりそう。近くの温泉に行く。ホステルから2-3Km東の大きな市民公園の中にセーチェニ温泉はあった。

セーチェニ温泉

昨日スポーツショップで水着を1000円で購入していた。

入り口で4100フォリント(2000円弱)を払い、腕にはめるベルトをもらう。
このベルトのチップでロッカーのカギの開け閉めを行う。

その後シャワーを浴びて入浴。温泉は38度ほどで日本人にはぬるめ。じっくり入るタイプなのだろう。室内は格調高い装飾が施され日本の温泉とはかなり違う。

室内温泉

建物に囲まれた中に大きな室外温泉がある。今日は天気が良く気持ちがいい。中央付近にはプール。こちらは帽子着用が義務付けられている。

屋外温泉

周りの建物もゴージャスな感じでリゾート気分が味わえる。

屋外温泉

もう一つのプールは中央付近が流れるプールになっている。こちらは水なのだろうか普通の水温。水面の反射で眩しくサングラスが必要だったかな。

流れるプール

プールに入る際は階段になっているので、そこに寝そべって日光浴。日差しが強いので顔が熱くなりプールの水を掛ける。

寝そべっているだけでは暇なので水の中でバタ足。しばらく運動してないのでいい具合に体がほぐれる。一時間ほど腹ばいになったりして交互に日光浴。こちらの人も日光浴は大好きのよう。かなり日焼けした体の人が多い。

お腹も空いたので昼食。シャシリク(旧ロシア圏の串焼き肉)とシチューにご飯。ビールも頼んで3500フォリントだからちょっと高め。

シシリクとシチュー

3時間ほど野外にいたので水着の後がくっきり。


市民公園の入り口にある英雄広場はハンガリー建国1000年を記念して1896年に造られている。

英雄広場

今日は日陰が涼しそう

カフェ

ホステルに帰りまたビールの栓を抜く。日焼けで火照った体にビールがうまい!