2013年12月20日

帰国の途へ

Lisboa → Istanbul in Turkey, Dec/16(Mon)

今日はホテルでの最後の朝食。ブッフェタイプで品揃えはまあまあ。ヨーロッパの食事は油物が多くこってりしているので、さっぱりした朝食は口に合い、いつも楽しみにしていた。チーズやハムは定番。パンやコーヒーはどこでも美味しく、コーヒーはカプチーノやカフェオーレに砂糖を入れ甘い味を好んで飲んでいた。(日本ではコーヒーに砂糖は入れてない)このホテルの朝食は7時からで早い方なので、早起きの私にはぴったし、大抵一番乗り。

朝食

今日のフライトは午後3時なので、午前中は部屋でのんびりし、シャワーを浴びパッキングを始める。荷物はなるべく軽くしたいので、不必要になった衣類、クッキー、雑巾や洗剤、トイレットペーパー、ビニール袋等を処分すると大分少なくなった。結局1つのバックが空になり、バックは計4個、それに自転車。

12時にチェックアウトし、申し込んであったシャトルバスを待つ。通常は6ユーロだが、自転車があるので2人分の12ユーロで国際空港へ。乗客は結局私一人だけ。15分ほどで空港へ到着。

シャトルバス

トルコ航空のチェックインカウンターへ。自転車の超過料金90ユーロだけ支払う。他は取られなかった。日本を出発する時は4万円ほど取られたのいたので随分安い。勿論その時より荷物は小さく軽くなっているが。でもバックなどの超過料金が取られてないのなら、機内持ち込みバックの方をもう少し軽くすれば良かったかな。

自転車箱と工具の入ったバックは大型貨物エリアで預ける。工具類は特別チェックが必要のようだ。

リスボンエアポート

イスタンブール経由便に乗る。私の前列までぎっしり詰まっていて、私の所の3列シートは私だけ、後部席の方は日本のツアー客が大勢占める。今日は中々ついてるぜ、ラッキー。

飛行機内

17Kmもあるヨーロッパで最も長い橋、ヴァスコ・ダ・ガマ橋が眼下に見える。

ヴァスコ・ダ・ガマ橋

腕時計を2時間進め、夜9時35分、予定通りにイスタンブール空港に到着。イスタンブールは雨が降っていた。

トルコ航空

自転車でイスタンブールを経ったのが8月23日。3ヶ月半かけてリスボン迄行ったのが、帰りはたったの4時間35分で来てしまった。

2013年12月19日

美術館へ

Lisboa in Portugal, Dec/15(Sun)

今まで洗えなかったシューズを昨夜歯ブラシを使って洗濯。歯ブラシはちょっとした汚れを取るのに便利。ルート号のハンドル・テープは赤で汚れが目立つと直ぐ歯ブラシで擦っていた。

気に入っていたメッシュ地のMERRELLシューズ

シューズ

昼近く、テージョ川沿いにある国立古美術館へ出かける。メトロに乗って最終のカイスドソドゥレ駅で降りる。そこから1.5Kmほど西に行った所にあるので、バスか市電、トラムを利用すれば行けるだろう。レトロな市電に乗りたかったがバスの方が頻繁に来る。みんなが乗っていたので私も乗ってみた。昨日購入したメトロのチケットが使えるか心配だったが問題なくパス。

タブレットのGPSを見ながら進むとやがて近くに来たので下車。

国立古美術館は道路に面した丘の上にあった。今日は日曜日で入場無料。

国立古美術館

日本との交流、貿易の様子を伝える南蛮屏風は1600年代中頃の作品。江戸時代初期の長崎を描いているのだろう。

南蛮屏風

南蛮屏風

当時の東南アジアと右上に日本の地図、航路は長崎まで伸びている。北海道はまだ未開の地なのかな?上が切れているので定かではないが。

日本の地図

美術館横の小さな公園からの眺めは最高で暖かい日差し、今日も気持ちがいい。

風景

リスボンの住宅街の風景

住宅街

ホテル近くにある小さな店には何でも置いてある。日本のコンビニのような感じで、日用品や野菜、果物、ワインやビールなど。ここでビールや水を買っていたので店員とは顔なじみになる。

店

明日はいよいよ出発日、夕方からはパッキングの準備に取り掛かる。

2013年12月18日

リスボン市内散策

Lisboa in Portugal, Dec/14(Sat)

メトロのチケット購入方法をネットで調べてやっとマスター。チケットのカードのみで0.5ユーロ。それを全く知らなかったので使い終わったら2日間捨てていた。あ〜勿体ない。

イギリスの国旗を押せば英語表記になる。24時間で6ユーロ、2日分を購入。メトロや市電、バスなど乗り放題のようだ。

メトロで3つ目のロシオ駅で降りる。フィゲイラ広場、この辺は人通りが多い。丘の上にはサン・ジョルジェ城が見える。

フィゲイラ広場

階段を登っていく。落書きは残念ながらどの街でも多い。

坂道に落書き

サン・ジョルジェ城は城壁だけが残っていて中は公園。城壁の周りにはお土産店やカフェが並ぶ。

サン・ジョルジェ城

リスボンは "七つの丘の都" と言われるくらい丘があり坂道になっている。

風景

南の方へ下って行くとリスボン大聖堂

リスボン大聖堂

レトロな感じの観光用三輪車。市電もそうだが、女性ドライバーを良く見かける。

三輪車

ここ2−3日曇り空だったが、今日は快晴。日差しが強く眩しい、日向は半袖でもいいくらい。

テージョ川沿いにて

テージョ川沿い

銅像?中々凝っていて面白い。

銅像?

魚の乾物店

乾物屋

街中では煙をなびかせた焼き栗店

焼き栗店

この鮭は食べごたえがある。これだけで10ユーロ。パンやバターは料理に付いてくるのではなく、全て有料。今日は水を頼んだが、税金を入れて全部で19ユーロもする。この前はビールを頼んだらオリーブが付いてきたが、これもレシートにちゃんと入っていた。ここは観光地、やっぱり抜け目がない。

昼食
.