2013年12月07日

追い風の中、西へ

Sevilla → Huelva in Spain, Dec/03(Tue)
Run: 100Km, Cumulative: 19,229Km

朝、テレビを付けたらドラえもんをやっていた。だから店でドラえもんの縫いぐるみを見かけるんだとようやく納得。こちらでも人気なのだろう。

ドラえもん

このホテルは四ツ星だったが、どこか寂れていてそれ程いいホテルではなかった。勿論値段も安かった。今朝は気温7度、快晴で冷え込んではいない。

ホテル

セビリア市内では郊外に出るまで分かりにくいので、タブレットの地図で確認しながら西の方向へ進む。二つ目の橋のあたりから自動車道になるので、別の小さな橋を渡っていく。

5Km過ぎ、やっとメインの道路 A-8076 に出る。丘を少しずつ上っては徐々に下るような大きなうねりが続く。

ピンク色の綺麗な花

花

風は東から吹いていて追い風。このまま吹いていてくれー。

黄色の花畑かな?菜の花ではなさそうだが。

黄色い花畑

カフェバーでトーストとコーヒーで休憩

カフェバー

やがて標高も下がりフラットな大平原になってくる。

下り坂

道は A-472号線になる。車は少なくいい道なので走り易い。

標識

追い風はそのまま続きスピードに乗る。

道

昨日買っておいたパンで昼食。気温も上がり暖かい。

昼食

ペダルも軽く快調に飛ばせるので今日の目的地より先に進む。10Km進みウェルバに到着。一軒目のホテルではおじいちゃんが出てきて何かやる気が無さそうで返事が中々返ってこない。

しょうがなく、二軒目へ。70ユーロもする高いホテルだったので、別の安いホテルを紹介してもらう。

そのホテルはまだ新しそうだった。朝食付きで48ユーロ。ルート号を部屋に入れて良かったので綺麗にしてあげる。

部屋

2013年12月06日

セビリアで休息

Sevilla in Spain, Dec/02(Mon)
Run: 7Km, Cumulative: 19,129Km

ホテルは1泊だけの予定だったが、疲れているし1日位休んでも日程的に問題なさそうなので今日は休息日にする。

午前中は自転車で市内観光に出かける。セビリアはスペイン第4位の都市。闘牛やフラメンコの本場でもある。ただ闘牛は動物愛護団体からの批判があり、今では試合回数もかなり減っているようだ。

闘牛場

闘牛場

半円形の建物があるスペイン広場

スペイン広場

グアダルキビール川沿いの黄金の塔は13世紀に建てられている。

黄金の塔

スペインでは最大のセビリア大聖堂

セビリア大聖堂

お土産店にはフラメンコや闘牛関係が沢山。

お土産店

狭い通り

狭い通り

バーに入って昼食。クッキーやパンが置いてある。

バー

また幾つか料理も置いてある店もある。見て注文できるので簡単。ツマミ程度で小皿にでてくるが、こちらの料理は結構なボリュームなのでこれで十分。柔らかく煮込んだ牛肉とタコが入ったマリネ。どっちも旨い!

昼食

午後からはホテルでのんびりし、これからの予定についてざっくり計画を立てる。10日位で目的地ロカ岬まで行けそうだ。ポルトガルまでは150Km位の距離、後2日位だろう。

2013年12月05日

また強い向い風

El Cuervo → Sevilla in Spain, Dec/01(Sun)
Run: 76Km, Cumulative: 19,122Km

8時半、ホテルをスタート。東の方から強い風が吹いている。

ホスタル

今日の日の出の時刻は8時20分。この辺の日の出は大分遅い。

日の出

走っていると寒い。厚手のグローブにするがそれでも指が冷たい。真冬のグローブと冬物のブーツにしておけばよかったかなと後悔。でも1時間もすれば温まるだろうし、わざわざ中から出すのも面倒なので我慢する。後で分かったが、今朝の気温は3度だった。天気予報では6度とあったが。

今日は途中まで北東に進んで行くので向い風でスピードが上がらない。アップダウンが続き徐々に上っているのかなと高度計を見ると標高100mほどで全く上ってはいない。強い向い風で水平感覚が狂ってくる。

道

一番軽いギアにするがそれでも辛い。時々突風も吹くし、上り坂は登りきれず、途中立ち止まる。

苦しいのでチェーンにオイルを挿そうとしたら、オイルが固まっているようで出てこない。

今日は無理かなー。でもセビリアのホテルはキャンセルが効かない予約なのでどうしても行かなければならない。

スタートして2時間ちょっと、まだ19Kmしか進んでない。

タクシーかバスかな?でもこんな田舎の道でバスは走ってないだろうし。不安はドンドン増して元気がなくなってくる。

交差点にレストランがあったので休憩。トーストのパンにチーズとハムを乗せてもらう。地図を見ると後5kmは北東に進むが、その後は北西方向か北に進んでいく。後、5Km何とか我慢すれば追い風か横風になるだろう。

バー

セビリアまで50Km。12時前なので日没の6時過ぎまでは十分時間がある。何とか行けるかも。

標識

道も北方向に変わり、風の強さは気にならなくなって徐々に元気が出てくる。道もアップダウンが少なくなり、真っ平らな大平原になってきた。先ほど固まっていたチューンオイルは普通の油になっていたので挿す。

大平原

午後1時半、ロス・パラシオスの町に到着。昼食にしようと店を探していたら、チャイナ・レストランを発見。スープとビーフンを注文。旨ーい!

昼食

ここまでくればセビリアは後25Kmほど。セビリアは都市なので30Kmとしても2時間ちょっとで行けるだろう。


風も少し弱くなってきた。平坦な道を進む。

休憩

セビリアには4時前に到着し予約していたホテルに直行。

市内を流れるグアダルキビール川

セビリア

一時どうなることかと思ったが、無事に辿り着けてビールを飲みホッとする。今日から12月。最近の風の強さも以前とは違うのかも。春に中国大陸で味わったあの大地の強い風を思い出す。