2013年10月24日

フラットな道を快調に走る

Milano → Tortona in Italy, Oct/20(Sun)
Run: 92Km, Cumulative: 16,404Km

どんよりした曇り空、気温14度。9時前にスタート。

ホテル

スタートすると直ぐに大粒の雨が落ちてきたので、上だけカッパを着るがやがて止んだ。ミラノ市内の中心部は石畳の道が多いので、市内の外周を回るルートを進む。

ミラノの外周路

市内を通り抜けると小さな川沿いを南へ。自転車道がかなり続く。

自転車道

釣り人

ポー川はイタリア北部を東へ流れている川で、国内で最も長い川。アルプス山脈などが源流でアドリア海に注いでいく。

ポー川

標高100mのフラットな道を快調に飛ばす。

フラットな道

何とかもっていた天気だったが午後から雨になった。目的地のトルトナまで15Km程度、GSの屋根の下でバナナ休憩。今日は日曜日で店員はいないが、セルフサービスの店が殆どのようでガソリンは入れられる。

GSで休憩

雨道

雨が降ると大変。着ている物を洗濯し、カッパは汚れを拭いて干す。グローブやシューズは全て次の日までに乾かさなければならない。

洗濯

ルート号も泥だらけだが何もできないなあ。ここ2-3日は天気が悪そう。

2013年10月23日

市内を散策

Milano in Italy, Oct/19(Sat)
Run: 18Km, Cumulative: 16,312Km

アルプス山脈を下ってからここ2-3日、イタリアに近づいてからはホテルの朝食の内容が格段に落ちてきたと感ずる。

トルコよりヨーロッパの各国は一部の貧しい国を除いてビュッフェ・タイプの食事で定番のハムやチーズが沢山置いてあった。私は恐らく他の方より朝からかなり食べていた。自転車旅という事と次に何時食べれるか分からないなめ、いつの間にか大分ガッツイて食べるようになっていた。朝食には最低30分を掛けて味わって食べていた。

ところが最近はまずハムが無く、チーズは小さな銀紙に包まれたチーズのみ、パンは色々あってもクッキーのようなものも置いてあるし、ヨーグルトはパックに入ったヨーグルトでフルーツも無くなった。何か味気ないなー。勿論ホテルの値段にもよるだろう。

今日は休みなのでホテルでミラノ観光を調べる。レオナルド・ダ・ヴィンチの最後の晩餐を見たかったが、何と予約が必要だった事を知らなかった。諦めて昼近くに薄曇りの中、自転車で街に出かける。ミラノにも自転車道はあります。

自転車道

スフォルツェスコ城は高い城壁で囲まれた要塞。

スフォルツェスコ城

そこを通り抜けると大きな公園になっている。

スフォルツェスコ城

昼食は割安な中華料理店があった。酢豚とチャーハン。やっぱり私はアジア人、どっちも口に合うし美味い!

昼食

街中で

ミラノ市内で

近くのブレラ絵画館へ。大半が宗教画で私にはちょっと退屈してしまったかな?

ブレラ絵画館で

スカラ座

スカラ座

3階のロビーにて

スカラ座

舞台稽古中の模様を遠くからガラス越しに見る。場内は真っ暗で舞台の部分だけが照明で明るくなっており、まるで映画を見るような感覚で輝いていた。客席は両サイドに6階席までありかなり豪華なようだ。

次はポルディ ペッツォーリ美術館。中世の武器が展示されていた。

ポルディ ペッツォーリ美術館

場内はストロボなしであれば写真撮影はできた。

ポルディ ペッツォーリ美術館

公園で

公園で

お洒落で歴史を感じるミラノの街にも青空市はありました。

s-DSCN6694

2013年10月22日

ミラノ到着

Como → Milano in Italy, Oct/18(Fri)
Run: 60Km, Cumulative: 16,294Km

アルプス山脈を下りてきてからは暖かくなり、これまで下はロングタイツと上にオーバーパンツを履いていたが、昨日からは短パン。上もカッパからウインドブレーカーになった。ウインドブレーカーでも暑いくらいだが、昨日ウインドベストなったら、下り坂で飛ばしている時、お腹が冷えて腹痛になりかけたので我慢して着ているくらいだ。

ホテル

今日はミラノまで40Kmくらいの距離。SS35号線を走る。

ミラノへ

このSS35号線は途中から車専用道路と一般道と別れる。自転車に丸で囲っているのは自転車通行禁止のマーク。日本と違って斜め線が入ってないため、勘違いしてしまう事がある。

自転車通行禁止

ミラノが近づくにしたがいSS35号線の一般道は電車の線路の側を通る。

電車の側

予めネットで予約しておいたホテルに12時過ぎに到着。

ホテルはミラノ中心部から8Kmほど北にある。トラムの駅がホテルの直ぐ側にあるので、便利かなと思って、フロントで聞いたら、今日はストライキで本数が少ないようだ。自転車で街の中心部へ出かける。

中心部に近づくと大きな石畳の道になる。それがかなりデコボコで走りにくい。

石畳の道

タブレットのGPSをたよりに適当に進んで行くと、やがて観光客の多そうな場所に辿り着いた。

丁度、レオナルド・ダ・ヴィンチ像の前だった。

s-DSCN6662

自転車を置いて付近を散策。

ヴィットーリオ エマヌエーレ 2 世のガッレリア。古い建築様式の建物をすっぽり囲む大きなアーケードになっている。中の店には高級なブランドショップやカフェなどが入っている。

ヴィットーリオ エマヌエーレ 2 世のガッレリア

本屋さんがあったので、これから進むイタリア北部とフランス南部の地図を購入。

アーケードを進んで行くと大きな広場になっており、そこに白い大聖堂(ドゥオーモ) がデーンとあった。

大聖堂(ドゥオーモ)

中に入って見ると高い天井に大きな空間が広がる。

ドゥオーモ内部

ドゥオーモ内部

ステンドグラスの絵は物語にでもなってそう。

ステンドグラス

ドゥオーモ広場には大勢の人々。

ドゥオーモ広場