2013年09月10日

標高1200Mの峠越え

Bitola → Struga in Macedonia, Sep/06(Fri)
このホテルには油絵が沢山置いてある。それもどこかで見たような絵。

ホテルの食堂

ホテルの朝食はシンプルでオムレツ、コーヒー、ジュース。それに果物が付いてきた。

朝食

標高600Mのビトラを8時半にスタート。
街の中から徐々に上っていく。今日の目的地はストルガ。でも途中に峠が2つあるのでどうなるか?

標識

クッキーを食べながら休憩。

上り坂で休憩

スタートして23Km地点、標高1200M弱の峠を越えると下っていく。

11時半、小さなResenに到着。商店でジュースとコーヒーを買って、今朝買ってきたパンで昼食を取っていると、子供達が寄ってきた。

子供たち

道路脇から急に牛が出てきた。

牛

お腹がいっぱいになったところで、次の上り坂に進んでいく。緩やかな坂が続くが長い。やがて標高1190Mの峠に差しかかる。

峠

途中の村で

民家の納屋

坂を下って、大きなオハリッド湖畔にある古い町Ohridに着いた。自転車のおじさんが10ユーロで泊めてあげると声を掛けてくる。断ったら、また次のおじさんが現れて同じような事を言う。まだ体力があったので ”ストルガで友達と会う約束があるから”と断って進む。

Ohridの丘の上に大きな城壁が見えた。

城壁

やがてオハリッド湖に面したストルガに到着。

湖

湖から流れてくる川が透明度あってすごく綺麗。

綺麗な川

マケドニアにはカジノがどこにでもあるようだ。

カジノ

走行距離:87Km 計:13,689Km

2013年09月09日

マケドニア入国

Florina → Bitola in Greece, Sep/05(Thu)
今日はマケドニアのビトラまでだが、距離が短いのと時間が1時間遅くなるので、ホテルでゆっくりし、9時半過ぎスタート。

ホテル

標高600M、かなり涼しくなってきた。今日はアームカバーなしの半袖だが、走っているとちょっと肌寒い。

道はフラットで車は殆ど通らない。

大平原

19Km走ると出入国管理事務所が見えてきた。

ギリシャ出入国管理事務所

車も少なく係員は2人だけ。暇なのか私に旅のことを色々聞いてくる。もう8ヶ月走っていると言ったらビックリしていた。

マケドニア入国も即、スタンプを押してくれて終了。中央アジアの国々では銃を持った警察や軍人がいたが、ヨーロッパに入ってから税関員以外、誰もいないので拍子抜けしてしまう。

マケドニア入国

ビトラには11時到着。可愛らしいホテルで朝食付き20ユーロ(2600円)。

ビトラのホテル

かなり安いので大丈夫か気になって部屋を見せてもらう。中は小奇麗で雰囲気があるいい部屋だった。

ホテルの部屋

商店で値段を調べると少し安くなっている。物価が安いと得した気分になる。
ビトラの繁華街にはカフェやバー、可愛らしい建物が立ち並ぶ。

ビトラの街中

ビトラの街中

時間があったのでビトラの町外れにある Heraclea遺跡に行ってみる。入場料100デニ(210円)を支払い、写真を撮ると300デニ(630円)新たに取られるが、180デニしか持ってなかったので、これしか持ってないと言うと、それでいいよと安くしてくれた。

野外劇場や裁判所、公衆浴場、貯水池、下水道まであった。

Heraclea遺跡

床には小さなタイルで敷き詰めた動物の絵

Heraclea遺跡

走行距離:40Km 計:13,602Km