2013年01月20日

朝市

ビエンチャン → ボーサボック手前7Kの村

昨日はネットが非常に遅く使い物にならなかった。今朝開けてみたら全く違って早い。

近くには店はあるが食堂が殆どない。この辺の人は屋台で済ませているのだろうか?昨日はホテルの横にあった食堂に入ったが、この前食べた焼き鳥のみだった。それにサラダとしてパクチーが山盛りとご飯。ビールがあったから、何とか満足できた。首都であるヴィエンチャンなのにタイとはかなり違う。少し滅入っていたので写真も撮らなかった。

今朝、朝市に行ってみた。すごい活気だ。
市場

市場

おばさん

手押し車

焼肉

屋台も開いている店は少なく、朝食にウドンを食べた。粘っけがあるスープで美味しかった。

元気が出てきたところで、非常食のラーメンを買いました。
非常食

朝の通り

今日は少し遅くなりましたが、これから出発支度です。
大きな門この辺は公園になっている。
s-R0012314

タイでは見かけなかったフランスパンの露店がたくさん出ている。サンドイッチにして売っていたが随分大きい。
s-R0012318

道路標識が殆どないので辛い。地図ではルート13と書いてあるが、標識がないので、この道がどの道なのか分からない。案の定、10K先を右折だったが、あまりのも綺麗な道だったので疑ってしまい直進してしまった。5K先のガソリンスタンドで聞いたが4-5人いたにもかかわらず誰も道を知らなかった。結局折り返して正解だった。

途中キャンプも予想し、お守りの付いたボトルにガソリンを入れる。
s-R0012319

小さな村をいくつも通る。車が路肩を走るとたちまち埃が舞う。今日は一日マスクを付けた。
s-R0012320

s-R0012322

s-R0012326

村でゲストハウスの看板が目に入った。こんな所にホテルがあるとは考えてもみなかった。

走行距離:92Km
posted by mino at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ユーラシア>Laos ラオス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月19日

ラオスのヴィエンチャン到着

ウドンタニ → ヴィエンチャン

明け方の気温18度、今日も快晴です。
ホテル

昨日からウインドベストを着用して出発。今日はラオス入国です。のどかな農村地帯が両側に広がります。村で早めの昼食をとり、国境を目指します。
村での食事

国境の町ノングカイを迂回して、ヴィエンチャン方向へ。
ヴィエンチャン方向へ

タイのイミグレーションではパスポートと出国カードを提出しパス。
タイ出国

国境のメコン川に架かるタイラオ友好橋を渡る。
タイラオ友好橋

メコン川

渡り終えると次にラオスのイミグレーションへ。入国カードを配っていたおじさんが私のを書きだしたのでおかしいな?と思っていたら、金を払ってくれ、と言う。何て言った?と聞き返したら、机の中の札を見せてきた。どうして払わなきゃいけないいんだ!と大きな声で威嚇したら、おじさんはそれっきり黙ってしまった。
ラオス入国

入庫を済ませ、残ったバーツをラオスのキップに両替をする。
自転車に乗り出したら何かおかしい。ラオスは右走行だった。慌ててバックミラーを左側に移し、走りだす。
タイの道は路肩があって走りやすかったがラオス側では路肩はない。
右側通行

車の車線を走るため狭い。ラオスでも昼食に立ち寄る。そ〜麺にもやしやほうれん草、レバーが入ったあっさり味の入麺だ。
ラオスでの昼食

しばらくしてヴィエンチャンに到着、2時前だった。ホテルはなかなか見つからなかったが小奇麗な外観のホテルが目についた。一泊135,000キップ(1,500円)、キップをそれほど持ってなかったのでドルで支払う。(17ドル)
ホテル

ホテルはこれまでの最高の値段でWiFiがあるが、そのWiFiが非常に遅い。じれったくなる。翌朝、立ち上げて見ると問題なく動いた。

また明日から小さな村に泊まることになるので、ブログが3-4日ほど更新できないと思いますがご了承ください。

ルートは13号線でメコン川沿いを東へ進み、そこから8号線でベトナムに入る予定です。

走行距離:80Km
posted by mino at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ユーラシア>Laos ラオス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする