2019年05月21日

北米旅のルートと概要

5月26日(日)日本を立ち、初夏のアラスカ・アンカレッジからのスタートになります。広大なアラスカを北に進み、アメリカ大陸の最高峰デナリ山(標高6,190m)が見渡せるデナリ国立公園を通ります。最北のフェアバンクスからは南下していくルートです。途中の小さな町、デルタ・ジャンクションからアラスカ・ハイウェイになります。カナダに入り、ホワイトホースではユーコン川のカヤック8日間の旅にチャレンジ予定です。何もない大自然の中での川下り。本当に生きていけるのか辿り着けれるのか不安ですが楽しみでもあります。カナディアンロッキーでは有名な観光地、ジャスパーからバンフにかけての雄大な山岳模様を堪能できるでしょう。

カナダのカルガリーで少し休養しアメリカに再入国します。イエローストーン、アーチーズ、モニュメントバレー、グランド・キャニオンなどの国立公園を訪れます。ただ、アメリカ南部地域には国立公園がたくさんあるので、時間があれば他にも行ってみたいと思います。ゴールはラスベガスで計6,900Kmの自転車旅です。帰国は11月22日を予定しています。

北米地図Plan

物価が高い北米は出来るだけホテルは利用せず、主にキャンプ生活になります。たまには自転車旅仲間のネットワークを使い、彼らの家に泊めてもらいリラックスできればと思っています。アラスカやカナダ北部はキャンプ場がない地域もあるため、民家の庭先をお借りしたり、野宿をしながら進むことになるでしょう。前もって水や食料の十分な確保が必要になります。また熊などの危険な野生動物がいるので、その対策を常に考えておかねばなりません。湖畔や川沿いではうっとうしい蚊の大群もいるようです。

スイス・サンベルナノティーノ峠付近(2013年)

s-DSCN6600

途中、素晴らしい光景に出会った時や休養日には、水彩スケッチで気分転換を図ろうと思います。ネット環境のない所が多そうなので、ブログ更新や調べ事は立ち寄る店を利用することになるでしょう。衣類の洗濯やシャワーなども難しくなることが予想されます。

年齢上、体力は年々落ちてきているので、余裕をもった行動計画を立て、無理をしないよう心掛けたていきます。治安、病気、怪我などに気をつけながら想い出に残るような旅を目指します。

サマリー


世界地図アメリカルートPlan
posted by mino at 10:05| Comment(4) | 準備>ルート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

出発一週間前、今回のルート

2月19日の出発まで一週間になりました。荷作り準備に追われています。

エジプトのカイロをスタートし、ナイル川沿いの点在するピラミッドや遺跡を見学しながら上流に進んで行く。特にルクソールの王家の谷や、アブシンベル神殿を堪能したい。酷暑の砂漠地帯になるスーダンをどう走るかが悩みどころ。遺跡も多いのでできれば走りたいのだが。

宿がない集落では民家の庭先をお借りしたり、野宿する頻度が増してくると思われるが、本当に自分ができるのだろうかと不安になる。住民の生活ぶりを垣間見ながら子供たちと交流する機会があれば楽しみだ。ケニア以南では自然保護地域を幾つか通るので、野生動物に遭遇する機会があるかも知れない。危険を回避する対策が必要になってくる。ビクトリアの滝やナミブ砂獏を訪れた後、9月末頃ケープタウンを目指す。

南アメリカ大陸に渡り、ペルーのリマから北上する。アンデス山脈越えの繰り返しが続く厳しさの中に、インディオの人々の暮らしぶりに接したい。2018年は中央アメリカ諸国を通り、メキシコへ、点在する古代マヤ文明の遺跡を訪れる。

順調にいくか予想はつかないが、アメリカに入ったあたりで一旦ニュージーランドに渡るかも知れない。オーストラリア、アデレートから東海岸を北上、ケアンズでオセアニア大陸は終了。

2019年夏期、北米アンカレッジに飛び、そこから南下する予定。ユーコン川の川下りやカナダの大自然、モニュメントバレーの夕陽などを楽しむ。

赤:完了。 黒:飛行機やバス使用。 青:今回の計画ルート。

世界地図 ルート_Ink_L2

物価の高い国は基本キャンプになりそうだ。途中、素晴らしい光景に出会った時や休養日には、水彩スケッチや一年半ほど続けている篠笛で気分転換を図る。

計画では、南極大陸以外の大陸を走ることになるが、果たして本当にできるのだろうか?2年半以上の長旅や野宿、膝などの不安材料があって、これまでより厳しくなると思うし、もし駄目だったら、途中で引き返したり止めることも考えよう。

体力や治安、病気、怪我などに気をつけながら、自分に合った急がない楽しい旅を目指し、心の中の想い出の数を増やしたい。
posted by mino at 21:50| Comment(6) | TrackBack(0) | 準備>ルート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月23日

ルートと概要

訪問国:ペルー → ボリビア → チリ → アルゼンチン

概要: ペルー・リマから南米最南端のウシュアイアまでは、7-8000Kmの距離になると思われる。未舗装道路やアップダウンの厳しい山岳地帯があるので、2月末までの5か月で走り切るのは難しい。日程をみながら、一部はバス移動に切り替え、自転車走行距離を 5000Km程度に調整する。遅くとも3月中旬までには辿り着きたい。

ルートはペルーのリマから海岸沿いを進み、地上絵のナスカへ。途中は砂漠地帯で厳しい暑さになるだろう。

ナスカからのアンデス山脈越えはバスを利用してインカ帝国の古都クスコへ。

クスコではマチュピチュ観光でのんびり過ごす。

クスコからは高山地帯を進みチチカカ湖畔を通ってボリビアへ入国。世界最高所、3650mにある首都ラパスへ。

ラパスからウユニへ向かう。途中は未舗装の道路でかなりしんどそう。できればウユニ塩湖をルート号で走ってみたい気持ちはあるが。

ウユニからチリのアタカマへはツアーバスを利用する。途中綺麗な湖があり、標高5000mの温泉もあるそうだ。

一旦チリのアタカマに入り、その後バスでアンデス山脈を越えアルゼンチンのサルタへ。

サルタから南下してメンドーサへ。チリ国境越えに向かう途中、南米最高峰のアコンカグア山が楽しみ。

チリ海岸の港町、ビーニャ・デル・マルの日本人宿には正月頃になるかな。

日本人宿にしばらく滞在後、チリ側パタゴニアの起点になる港町プエルト・モンにバス移動しパタゴニアの大自然を味わえるサイクリストの憧れの地、アウストラル街道へ。

アルゼンチンへの国境越えの難所には馬に荷物を積んで移動し、エル・チャイテンへ。

パタゴニア南部の暴風地帯に突入し、来年2月末頃、目的地のウシュアイアを目指す。

今回の旅は険しい山や大自然の中を進む旅になるだろう。今までよりハードルは高いが、そこでしか見れない綺麗なパノラマを満喫したい。

地図-南米ルート
posted by mino at 07:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 準備>ルート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする