2019年11月17日

西部劇の田舎町オートマン

Kingman, Arizona → Laughlin, Nevada in USA, Nov/10(Sun)
Run: 102Km, Cumulative: 45,730Km
Colorado Belle Hotel (USD: 24)

昨日ブログの読者の方から “先日キングマンからオートマンを走りました” と言うコメントをいただいた。

“オートマン?” 
ネットで調べると、ルート66沿いのレトロな雰囲気がある小さな町だった。しかし、ここを通って今日予約している宿に行くとかなり遠回りになるので諦めていた。

今朝、やはり気になり、ルートの高低差や距離を調べ、それに所要時間を見積もって合計する。距離は102キロで、前半急な上り坂はあるが、それを過ぎれば下り坂になる。何か行けそうな気がする。よし行こう!

そうと決めたら行動は速い。日の出の20分後、7時半にスタート。

s-IMG_8870

インターステート I-40に入り、標高1000Mのキングマンから下っていく。15キロ走ってルート66に入る。この道路上の標識は是非見たかった所。

s-IMG_8875

29キロ、標高700Mまで下ってから上り坂になった。

s-IMG_8885

曲がりくねった坂道をハアハアしながら登っていく。周りにはサボテンが生えている。峠までもう少しだ。

s-IMG_8888

400M近く上って、10時半、45キロ、標高3550フィート(1080M)の峠になった。ここまでいいペースで来た。

s-IMG_8890

そこから急な下り坂になる。

s-IMG_8891

11時、52キロ、オートマンに入った。ウワー、本当に西部劇の世界、古びた町並一色!

s-IMG_8941

早速カウボーイ姿の男性が気軽にポーズを取ってくれた。

s-IMG_8910

野生化したロバがお出迎え。可愛らしい顔をして近づいてくる。

s-IMG_8915

街道沿いの町並は精々徒歩10分で、お土産店やカフェ、レストラン等がある。

s-IMG_8911

s-IMG_8907

s-IMG_8916

店に入ってハンバーガーを食べた後、通りではショーが行われるところだった。どちらもならず者のような風貌のカウボーイが話している。やがて撃ち合いになり、西部劇の舞台が再現された。

s-IMG_8928

一軒だけあるオートマン・ホテルは1902年に建てられている。中に入ると1ドル紙幣がそこら中に張られているバー。カウボーイハットの綺麗なお姉さんはマドンナ役といったところか。男性客の視線は強い。

s-IMG_8933

こちらはレストラン。時代を感じさせる内部で、人々のざわめきの中にも何か落ち着きが味わえる。

s-IMG_8934

良い町に堪能し、できればこんな町のこんなホテルに泊まりたっかったなあ。

13時過ぎ、オートマンを離れ、坂道を下っていく。周りはゴツゴツした岩山。

s-IMG_8945

2〜3キロしてルート66を逸れ、西へ下っていく。

ズーッと下って標高160Mのコロラド川沿いになった。北へ向かう道沿いは町で店が点在する。一気に現代の町の景色になり “バック・トゥ・ザ・フューチャー” の世界からタイムスリップした感じだ。

コロラド川の橋から今日の目的地ラフリンのカジノがある高層ホテル街が見える。ここからネバダ州になり1時間遅くなった。

s-IMG_8949

14時半、予約していたホテルに到着、チェックインする。

s-IMG_8950

明日はここに滞在して1日休養日にする。
しかし、オートマンはいい町だった。読者の方、どうもありがとうございました!
posted by mino at 01:00| Comment(2) | 北米>USA アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
オートマンの記事を拝見しとても懐かしく思いました。
しかし、キングマンからの坂道を登られたなんて改めて驚きです。
そのご褒美に、ウェスタンショーを見られるなんてうらやましいです。
こちらこそありがとうございました。

私は、車でしたのでオートマンのあと、キングマンへ戻り、
そこからミード湖をへてバレーオブファイヤーへ行き、
ラスベガス 〜 デスバレー 〜 モノ湖 〜 リーバイニング
〜 ヨセミテ 〜 サンフランシスコ 〜 モントレー 〜
マリブ 〜 サンタモニカ 〜 サンディエゴと
パシフィックコーストハイウェイをドライブしてきました。

が、、、、、

なかなか、高島さんのような写真が撮れていません。

高島さんの写真と文面は、
そこにいるように感じさせてくれてとても好きです。

自転車ならではの肌で感じる空気感が心地よいです。

どうかこれからも楽しみにしていますので、
健康で事故のない旅を祈念しております。
Posted by Rain at 2019年11月18日 10:44
車だと行動範囲が広がるので行きたい所に行けますよね。でも自転車は中々そうはいかず、これまでもスルーした箇所が沢山あり、後悔も残ります。
でもその分、のんびりした旅ができるので、私には合っている気がします。

私の下手な文章でも気にいっていただければ幸いです。
Posted by 高島 at 2019年11月19日 07:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: