2017年03月29日

面倒くさい外国人登録

Khartoum in Sudan, Mar/19(Sun)
Run: 0Km, Cumulative: 30382Km
Youth Hostel

昨夜テントで寝ていたところ、時折強い風が吹きまくって朝方になっても吹き止まない。
ホステルの後ろ側(右側)の白い建物は日本大使館

s-DSC00212

辺りは霞んで遠くが見えない。強風で砂漠の砂が巻き上げられたのだろう。中国の黄砂と同じ砂嵐だ。うっとうしいなあ、昨日は41度もあったし今日は砂嵐。何ていうところに生活してるんだ。

スーダンで義務づけられている外国人登録をしに空港ビルに出かける。泊まっている宿から2Kmぐらいの距離。

立派なトヨタの店を曲がって正面の大きな道になる。

s-DSC00213

突き当りに荷物検査室があったので警察に「レジストレーション」と言うと、親切に近くから用紙を持ってきてくれた。そして「600ポンド」(4200円)という。エー?昨年末の他の人のブログでは385ポンドと書いてあったので、騙されたのなと思い、「着いて来い」と言われたが断る。また別の場所で警察に聞き、その窓口へ到着。

3-4人が待っていた。受付の女性は何を言うわけでもなく、パソコンに向かって処理している。次々に客が入って来ては私を押しのけて、割り込み、何か言ってはパスポートを差し出す。「オイオイ、私の方が先だろ」と言いたいが無理。どの国もそうだが、並ぶ習慣がない。

20-30分して、ようやく私のパスポートを処理してもらう。隣の窓口の太ったおばさんに渡すと、これまたかったるそうに、電卓で金額「535」(3745円)示す。ウワー高い!今年になって上がったのだろう。540ポンド渡すと、釣りを返してこない。その間ずっと後ろ向きのまま。全くのお役所仕事にうんざり。1時間位で終了したが、ビザ代の他にこの高い外国人登録費用と面倒くささ+愛想の無さにイライライラ!

s-DSC00214

この砂嵐ではどこへも出かけたくないし、夏バテで食欲もないので、近くの店でインスタントのチキンラーメンと卵を買ってきてホステルで食べる。古い壊れたコンロだが、何とか火が点いた。まあまあ、美味しい。

s-DSC00215

これから先の事を考える。ハルツームに来てこの馬鹿暑さ、これから行こうとする南部はもっと暑いようだ、それにうっとうしい小バエの群れ。ここはバスで進もうか、それとも一気に飛行機でケニアに飛んじゃおうか。他の人のブログを参考にしながら、航空券の値段を調べる。

夕食はご飯があるお店へ。チキン四分の一にこの洗面器のような器にご飯。日本の3-4倍はある量だ。気温は昨日ほどではないので、夏バテも少し良くなった気がする。でもとても食べきれず、残した分の半分をテイクアウト。明日の朝食にしよう。

s-DSC00216
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。