2017年01月06日

水彩画、ユーラシア編

今通っている絵画教室「35ART」で、旅の思い出を描いてみました。

ラオスの首都ヴィエンチャン。賑やかだったタイに比べ辺りはひっそりしていて、面白味のない首都だった。唯一賑わっていたのが朝市。手押し車を押す人々やバイクが行き交い、野菜を売るおばちゃんの掛け声が回り中から聞こえてくる。こういう活気のある光景を見るとこちらもワクワクしてくる。

s-DSC09150

春、中国西安からシルクロードを西へと進んでいく。立ち止まって写真を撮っていたら、農夫に声をかけられる。牛を引いて畑を耕していた。しんどい作業だろうが家族で仲良く、温かみがあっていいなあ。

s-DSC09129

中央アジア、ウズベキスタンは7月。シルクロードの古都サマルカンドは青の都と呼ばれている。日陰の露店では女性がリヤカーの上でナンを売っていた。

s-DSC09136

ユーラシア大陸横断の終盤スペインに入った。地中海沿いの穏やかな気候で青空が広がる。バルセロナのサグラダ・ファミリア教会

s-DSC09179

リヤカーを引いて歩いている人がいた。チェコのルバさんは私と同じ年。ヨーロッパ中を回っているそうで既に9年になる。歩く距離は一日たったの20Kmほど、適当な場所で寝る野宿旅だ。リヤカーかと思ったら、スーパーのカートではないか!それに荷物を満載。ペットボトルを一杯ぶら下げ、ジャケットやシュラフ、テントを縛り付けて干していた。小さな車輪でさぞ引っ張りにくいだろうに。
これからどのくらい旅するか聞いたら、自分でも分からないと言う。日焼けした脚は流石に逞しかった。世界には凄い人もいるもんだと頭が下がる。

s-DSC09144

2013年12月に帰国後、翌年5月からヨーロッパの旅に出かける。スロバキアの小さな村にて

s-DSC09142

ドイツからは当初、西を目指して進もうと考えていたが、物価が高く浪費しているような感覚になり、再び東へ向きを変える。ポーランドは2回目。ようやく落ち着きを取り戻し、バルト海沿いの観光都市、グダニスクで寛ぐ。

s-DSC09163

posted by mino at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 水彩画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おめでとうございます!

さすが高島さん、ワクワクします。
待ってました。
いよいよですか!アフリカだけでなく、ペルーから一気に北上とは恐れ入りました。
絵の腕もさらに上達されたようで素晴らしいです。
旅だよりも絵も楽しみにしています。

道中の御無事を祈っております。
Posted by 浮雲 at 2017年01月10日 00:26
コメントいつもありがとうございます。

まだまだ行きたい所があったので決めました。

今度もスケッチブックを持参し、下手ながらも出会った光景を描いていきたいと思います。
Posted by 高島 at 2017年01月10日 07:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック