2014年12月29日

チロエの教会

Castro → Quellon in Chile, Dec/22(Mon)
Run: 90Km, Cumulative: 27304Km
Hosteria Quellon

ケジョンからフェリーを調べた時、週 2便で24日(水)と28日(土)があった。今日ケジョンに着けば、23日の夜まで一日ゆっくりできる。

朝 9時、海を見下ろせる宿をスタート。

宿

チロエ島にある木造の教会 16がユネスコ世界遺産に登録されている。18世紀から19世紀の間にかけて建設され、イエズス会の教会として建設され、その建築様式は、ゴシック建築やバロック建築などのヨーロッパの様式と地元の様式が混ざり合ったチロエ様式が特色。

カストロ市内の中央広場に面したサン・フランシスコ教会。色使いが派手で遠くからでも目立つ。

サン・フランシスコ教会

カストロから少し南に行ったネルコン教会

教会

朝の内は晴れていたが、次第に曇り空になり小雨も少し。でも風がないので走り易い。今日もアップダウンの連続でフラットな道は殆どない。

アップダウン

湖や海辺の近くを

浜辺

バス停の小屋は古く椅子がない所が多い。今日は立ったままの昼食。

昼食

途中、長い距離で道路工事が行われていて片側通行の所も何箇所かあった。

工事中

豊かな森林があり、木材会社を多く見かける。ガードレールも太い丸太で。

ガードレール

ケジョンの町に到着

ケジョン

港の方へ下り、フェリーのチケット売場を探す。桟橋近くで聞くと近くにあった。

チケット売場

Puerto Cisnesまでのチケットを購入。自転車込み 17550ソル(3690円)。

フェリーは 24日午前 2時発なのに、チケットに「 23日23:30」と書いて渡された。エ?と思って聞くと、別の地図を渡され、マーカーで23:30チケット売場に集合してバスで数キロ離れたフェリー乗場に行くようだ。スペイン語が全くダメな私にとって、何度も聞いてようやく理解。それにしても結構前の時間に集合するものだ。

チケット売場に近い宿に落ち着く(12500ソル、2630円)。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック