2014年12月22日

古びた小屋でスープ

Paillaco → Osorno in Chile, Dec/15(Mon)
Run: 70Km, Cumulative: 26892Km
Hostal Bilbao Express

曇り空で涼しい朝になった。9時前にスタート。

Paillaco

直ぐ高速道路に入る。今日の目的地、オソルノは 57Km先。路肩は広いが黒っぽい舗装の箇所は、路面は良くなく小石もあって走りにくい。

標識

出口部分は路面の舗装がフラットになりスピードが上がる。全部このような舗装にしてくれれば助かるが。小雨が降ってきたのでカッパを着たが直ぐに止んだ。

高速道路

風もないので快調に走る。

花

正午前、San Pabloに到着。高速の出口付近に古びた小屋があった。よく見ると中に客がいて食事をしているようだ。お腹が空いたので中に入る。

レストラン

スープを飲んでいる客がいたのでウェイトレスにそのスープを注文。

大きな牛肉とポテト、ニンジン、ご飯や豆、カボチャ、パクチーなどが入っている。それに大きなパンとキャベツのサラダが付いてきた。牛肉は骨つきかな?と思ったら全て肉の固まり。柔らかくって食べ応えがある。温かいスープで一息つく。これで 2500ソル(525円)だから安い。

スープ

アップダウンを繰り返すがオソルノまでもう少し。

高速道路

午後 2時半、オソルノに到着。ここは大きな街でホテルも何軒か目にする。チリは結構物価は高く安そうホスタルを見つける。それでも値切って 20000ソル(4200円)。

オソルノは大きな町

Osornoの街中

Yungay広場傍に建つ教会。鐘が 3個あるが左右対称じゃない所がちょっと気になる。

教会

夕方、ビールを飲んで 30-40分ほど昼寝。
posted by mino at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 南米>Chile チリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。