2021年01月24日

スケッチ展 北米編

2019年5月下旬、北米旅に出発しようとしたが、その1ヶ月前、膝の故障により歩行困難になった。しかし、ペダルを漕ぐことはできたので前途多難だがスタートを切った。出発日、成田空港で結構歩いたので右膝に痛みが出て、シアトル空港では車椅子を頼んだ。アンカレッジ空港でも車椅子をサポートしてもらった。取りあえず行ける所まで行ってみよう!

● デナリ山の朝日
アメリカ、アラスカ州 (2019年6月)
アンカレッジで休養後、膝の様子をみながら自転車を漕いでいく。北アメリカ大陸の最高峰デナリ山(標高6190M)は遠くからでも大きく見えた。その大パノラマが広がる絶好の場所(デナリ北景観地の駐車場)で野宿。翌朝、デナリ山に朝日が差し込み雪山が輝き始めた。

s-IMG_9307

● 通り雨
アメリカ、アラスカ州 (2019年6月)
アラスカやカナダ北部では度々通り雨に会った。雨雲のスピードは非常に速く逃げ切れない。夏場のアラスカは晴れると気温は25度にもなり暑い。でも雨に当たられると冷え込んでくる。右膝は徐々に回復していった。

s-IMG_9308

● カヤック川下り
カナダ、 ホワイトホース (2019年7月)
楽しみにしていたテスリン川、ユーコン川のカヤック川下り8日間一人旅にチャレンジした。カヤック初心者の私が、スタート時、突然大自然に一人放り出された感じになった。初日、パドルの漕ぎ方が悪かった為に右手首の腱鞘炎になった。人工音が全くない中、慎重にパドルを漕いでいく。静まりかえった森や川の流れ、時折聞こえる鳥のさえずり声や風の音。綺麗な沢水で身体を洗い、美味しい食事をし、安眠できる小さな場所がある。この安らぎの場所に身を置けば他に何を望もうか! 野生の熊に脅えながらも十分楽しませてもらった。

s-IMG_9309

● 怖い熊
カナダ、ユーコン準州 (2019年7月)
カナダに入ると、"あなたは熊の国にいます" の注意書き看板をよく目にした。そして何度も出会った。熊が草むらの中に隠れた時は、その後襲ってくるのではないかと必死で逃げた。テントで寝る時、食料はできるだけ遠ざけた。

s-IMG_9310

● 大きなバイソン
カナダ、ブリティッシュコロンビア州(2019年7月)
頭部は長い毛が生えていて何処が目か分からないくらいだ。牛より大きい姿は迫力があるが、牛の仲間なので性格はおとなしそうだ。

s-IMG_9311

● エルク
カナダ、アルバータ州(2019年8月)
立派な角がある大きな鹿エルク。キャンプ場で夕食の後片付けをしている時、私の傍に8頭のエルクが現れた。彼らは草を食べながら少しずつ移動していく。野生動物を近くに見ると、迫力があり辺りの人々は静かに見とれてしまう。

s-IMG_9312

● ペイト湖
カナダ、アルバータ州(2019年8月)
カナディアン・ロッキーのゴールデン・ルートであるアイスフィールド・パークウェイを南下していく。ボウ峠(標高2135M)から小道を下って行くとバンフ国立公園にあるペイト湖が眼下に広がった。険しい山に囲まれた湖で9カ月間は雪に閉ざされてしまい、夏のほんの僅かな期間だけ美しい姿を現す。

s-IMG_9313

● 険しい岩山
アメリカ、ユタ州(2019年10月)
10月初旬、アメリカ中部は朝夕かなり冷え込むようになった。大都市ソルトレイクシティ近郊は紅葉真っ盛りだった。険しい岩山が続くキャピトル・リーフ国立公園を過ぎても、まだ見ごたえのある風景が広がっていた。

s-IMG_9314

● アーチーズ国立公園
アメリカ、ユタ州(2019年10月)
乾燥した大地が続くようになった。巨大な赤土色の岩が所々にそそり立っている。ここには様々な形のアーチが点在する。このデリケートアーチは孤立していてユタ州のシンボルになっている。

s-IMG_9315

● 西部劇の町
アメリカ、アリゾナ州 (2019年11月)
古き良き時代の ”ルート66” は愛された国道だったが、既に廃線になっている。その歴史的な街道沿いの小さな町オートマンは、古びた町並が保存されていて西部劇の世界に引き込まれた。

s-IMG_9316

2019年11月中旬、ラスベガスにゴールした。半年間の北米旅を終え無事帰国した。
posted by mino at 18:14| Comment(0) | スケッチ展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする