2019年11月09日

タクシーが来ない!

Page → Tusayan, Arizona in USA, Nov/02(Sat)
Run: 17Km, Cumulative: 45,312Km
Red Feather Lodge (USD: 98.81)

今日はタクシーを9時に予約していた為か、早めに目が覚めて眠れなくなった。少し寝不足ぎみ。早朝からバルーンが上がっている。宿の人に聞くと、昨日から3日間、バルーン・フェスティバルと言う。

s-IMG_8659

9時前にチェックアウトし、ロビーで待つ。しかし、9時を過ぎてもタクシーは現れない。タクシー会社の電話番号は知らないので、この前頼んでもらったツアー店に急いで行く。この前の化粧の濃いおばさんがいて、直ぐ電話してくれた。すると、直ぐ近くの駐車場にいるらしい。

少し探したが、私より若干年上に見える男性が手を上げて待っていた。アー良かった。タクシーと言っても白タク、個人でやっているようだ。恐らくこの前電話した時、ホテル名を言ったが、何度か聞いてきたので、良く伝わらなかったのかも知れない。それでツアー店の方に来たのだろう。

s-IMG_8660

支払いはカードが使えないと言うので、ATMでお金を下して9時半スタート。

運転手デュルーは、以前、叔父さんが長年横浜に住んでいたので、20年ほど前に3カ月遊びに来たことがあるそうだ。その時、様々な所に連れて行ってもらう。日本食は大好きだと言う。

今年モンスーン期の7月から9月に雨はあまり降らなかったそうだ。周りは砂獏化した土地が広がる。

s-IMG_8661

ナバホ族の家がポツンポツンと建っている。水は地下水なのだろう、風車が付いている鉄塔が見える。時々、見かける道路際の露店はナバホ族が工芸品や装飾品などを売っている。

s-IMG_8662

時速70マイル(112キロ)位のスピードで順調に南に進んでいく。

s-IMG_8663

途中、キャメロンのガススタでトイレ休憩をとり、西に進む64号線に入る。グランド・キャニオンへの道を登っていく。右側にはそのキャニオンが次第に大きくなってくる。

s-IMG_8666

坂を上り切り、グランド・キャニオン国立公園に入る。12時半、ビジターセンターの駐車場で下してもらう。ありがとうデュルー!

s-IMG_8669

昼食を取ったあと、キャニオン観光へ。眩しい光に照らされた広大な渓谷。圧倒的な大きさだ。

s-IMG_8673

深い谷

s-IMG_8674

日差しは暖かいが、谷底から冷たい風が吹いてくる。

s-IMG_8681

s-IMG_8684

断崖の上には観光客

s-IMG_8690

渓谷沿いの遊歩道では、様々な言語が聞こえてくる。

s-IMG_8691

2時間ほど見学した後、10キロ南のタサヤンの町へ進む。

15時前、予約していた宿に到着。周りは立派なホテルが点在する。

s-IMG_8698

良い部屋だが、水道水の水が不味くとても飲めたものではない。

s-IMG_8699

町や宿が少なく、殆ど何もなかったナバホ族自治区を過ぎ、何とかグランド・キャニオンまでやってきた。これから先、ラスベガスまでは自力で行けそう。寝不足と安堵感が重なり8時半にはベッドに潜る。
posted by mino at 01:00| Comment(0) | 北米>USA アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする