2019年11月06日

底冷えする寒さの中でヒッチハイク

Kayenta → Page, Arizona in USA, Oct/30(Wed)
Run:17Km, Cumulative: 45,277Km
Lake Powell Canyon Inn (USD: 55.48)

標高1720M、朝の最低気温は氷点下7度、外に出ると晴れているが肌を刺すような寒さだ。

s-IMG_8519

今日は100キロ以内に宿がないので、160キロ先の観光地ページまでヒッチハイクで行くことを決めていた。勿論バス等はない。

9時過ぎ、先に出る浅地さんを見送る。

s-IMG_8522

同じ宿に泊まっていたチャリダーが見えた。直ぐ挨拶に行くと、車にチャリと荷物を積んでいて、3名はチャリで出発の準備をしていた。55キロ先の交差点まで私と同じ方向だ。直ぐ、ヒッチハイクの交渉をすると、快くOKしてくれた。朝から調子がいい。まさかこの宿で成功するとは思ってもみなかった。

s-IMG_8521

チェックアウトし、彼らの車の後部にルート号を乗せる。後部席や屋根には荷物が満載。本来、自転車のサポートカーなので、所々で停まってライダーをサポートするが、私が “12時までに35マイル(約55キロ)先の交差点にあるガススタに着きたい” と言うと、皆で相談し、先に私を送ってくれることになった。チャリダー仲間は本当に有難い。

s-IMG_8525

ヒーターが効いている車は最高。時速100キロ近いスピードで進んでいく。

s-IMG_8526

10時過ぎ、55キロ、98号線交差点のガススタに到着。運転手の女性ローレンと足を怪我をしているパーコに “ありがとう” と言って見送る。駐車場の日陰の箇所にはまだ氷が張っていた。

s-IMG_8529

時間はたっぷりある。さあ、これから107キロ先のページに行く車を探すぞ!と気合いが入る。10時半、ページに行く交差点の踏切の近くで開始。

s-IMG_8531

通っていく車は中々停まってくれない。かなり冷えてきて中にフリースを着込む。冷たい北風が吹いている。時々腕を回したり、脚を上げたりしながら身体を動かす。セダン車では積めないので、出来ればトラックかワゴン車がいい。

何台か停まってくれるが、この辺の村に住んでいる人で精々10キロほど先までしか行かないと言う。それじゃ乗っても仕方ないので丁寧に断る。

1時間以上が過ぎ、寒さでそろそろ限界かな? 一旦ガススタで温まって出直そうかと思った時、逆方向から一台の大型ワゴン車が停まった。先ほど停まってくれた車で、10キロ先に行くと言っていたお爺さんの車だ。窓を開けると “30マイル(約50キロ)先の町まで20ドルでどう?” と聞いてきた。直ぐさま “ページまで連れてってくれるなら100ドル出す!” と思わず大判振る舞いで答えてしまう。後で仕舞った! と思ったが口が滑ってしまった。もう少し安くできたろうが、もう身体が芯まで冷え過ぎて待てなかった。

s-IMG_8532

即、ルート号と荷物を詰め込んで助手席に乗り込む。先ず、60ドルを渡し、残りはページでと言って了解してくれた。お爺さんはナバホ族でジャックと名乗り、名刺をくれた。後部席には奥さんが乗っていた。彼は寒がる私の為に、ヒーターをガンガン効かしてくれた。ファンの出口で指先が真っ青になった手をしばらく温める。

1時間ほど走って、50キロ先のカイビート村のガススタでトイレ休憩。

やがて気持ちよくなり、あくびが出る。少しずつ下っていく。

s-IMG_8540

13時15分、ページの中心街のガススタで停まった。残りの40ドルを渡し、どうもありがとう! サングラスにカーボーイハットのジャックは、強面の顔だが優しい男だった。

s-IMG_8542

降りると、かなり暖かくホッとする。コンビニ前のベンチに座って昼食。

14時、近くの予約していた宿に行くと、“チェックインは15時から” と書いてあり、入口のドアは閉まっていた。

標高1320M、最高気温4度。スーパーに行って、しばらくブラブラする。

15時、宿に戻ると、まだ鍵が掛かっていた。ランドリーにいた若い男性に聞くと、“チェックインは15時だから、もう1時間待て” と言う。訳が分からず “でも今15時でしょう?” と答えると、“だから1時間待て” と全く同じ答えが返ってきた。よく聞くと、ここの時間はまだ14時だった。今朝の時間と違う。同じアリゾナ州でどうして? とあっけに取られてしまった。後で調べると、アリゾナ州の大部分の地域は夏時間を採用してない。夏時間は東のナバホ族自治区の辺りだった。このページは丁度ナバホ族自治区から外れた境目になる。

s-IMG_8545

待ってられないので、先にグランドキャニオン行きのバスのチケットを予約しようと、教えられたバーガーキングに行く。走っている途中、異音に気付いて停まると後輪にデカいピンが刺さっていた。パンク!

s-IMG_8546

仕方なく押して宿に戻る。チェックイン後、パンク修理して再び、4〜5キロ離れたバーガーキングへ。

s-IMG_8548

男性店員に聞くと、バスはここに停まるが、予約はここで出来ないと言われる。また宿に引き返す。取りあえず、ネットで予約してみよう。

バスタブで温まり、ビールを飲みながら夕食にする。今日は色々あったが、ようやく落ち着いた。明日は観光にしよう。

s-IMG_8547
posted by mino at 01:00| Comment(0) | 北米>USA アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする