2019年10月31日

モアブの休養日

Moab, Utah in USA, Oct/24(Thu)
Run: 7Km, Cumulative: 44,960Km
Lazy Lizard Hostel (USD: 14.485)

夜もわずかに暖房が効いていて寒くない。1泊税込み15ドル弱で泊まれる宿なんて何処にもないだろう。キャンプ場でも30ドルする所もある。キッチンはあるし、好きな物を作れるのは有難い。建物は古いが、毎日掃除をしてくれているので、非常に綺麗。本当に居心地がいいホステルだ。

s-IMG_8324

残り1ヶ月弱になり、これから行くルートと日程を考えながら調べる。当初はアンテロープ・キャニオンがあるページから西に進むルート(青色)を考えていたが、これだとかなり早くラスベガスに着いてしまう。それでページから南に進みグランド・キャニオンを通るルート(赤色)に変更する。まずは是非行きたかった、モニュメントバレーを目指す。

Map1024

昼食はインスタントのチキンラーメン。牛肉やキャベツ、キノコが入っている。

s-IMG_8327

ルート号のメインテナンス。ネジの増す締め、チェーンの注油、タイヤの空気圧をチェックする。

s-IMG_8328

午後、モアブの町を散策。今日も澄み切った青空だが、風は冷たく最高気温13度。

s-IMG_8329

アメリカ人はドライブスルーが大好きのようで、銀行のATMもドライブスルー。よほど車から下りたくないのだろう。

s-IMG_8330

観光地モアブはそれ程大きくはない。中心街にはカフェやレストラン、ホテル、お土産店などがあった。

s-IMG_8340

s-IMG_8335

s-IMG_8341

レンタルのバギーは何処でも行けて楽しそう。

s-IMG_8342

パトカーには赤い岩山のお洒落なペイントがしてある。

s-IMG_8343

リラックスしたモアブの休養日は今日で終わり、明日からチャリ旅再開になる。
posted by mino at 01:00| Comment(2) | 北米>USA アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月30日

休養日に突然現れた人

Moab, Utah in USA, Oct/23(Wed)
Run: 5Km, Cumulative: 44,953Km
Lazy Lizard Hostel (USD: 14.485)

昨日かなり歩いた為か、程よい疲れで7時近くまでぐっすり眠れた。朝食後、昨日一緒にアーチーズに行ったモインは、デンバーに向けRX-8で出ていった。

s-IMG_8312

s-IMG_8313

2日前から一緒に泊まっているドイツ人チャリダーのデュークは、今日モニュメント・バレーに向け出発していく。彼も普段は野宿生活だと平気で言う。この時期、明け方は氷点下になるというのに。私にはとても耐えられない。

s-IMG_8317

午前中、リビングでのんびりしていたら、たちまち昼を過ぎていた。

s-IMG_8320

私の部屋は二段ベッドが4つある8人部屋。昨日は満室だったが、皆いなくなった。(私が使っているベッドは中央下) ベッドに横になる時や、起き上がる時にギシギシとかなり大きなきしみ音がする。上でその音がすると、ベッドが落っこちやしないかとドキッとする。

s-IMG_8321

洗濯機でウェア類を洗濯する。洗濯機は1ドル50セント、乾燥機は1ドルと他に比べかなり安い。洗濯機はこのスロットに25セント硬貨を6枚入れて使う。

s-IMG_8325

夕方、スーパーに買出しに出かける。スーパーは2つありお互い近く、同程度の規模。今日はこのシティ・マーケットへ。

s-IMG_8322

もう一つのビレッジ・マーケットもそうだったが、レジ袋は紙袋を使用している。車で来る客はそれを抱えて積めばいいが、自転車客はぶら下げられないので、何の意味もない。リックかビニール袋を持参する。

以前、アラスカで貰ったセーフウェイ・カードはこの店でも使え、1割ほど安くなった。他のスーパーでも使えたの非常に便利。ちなみに良くあるウォルマートにカードは無い。

s-IMG_8326

スーパーから帰ると、自転車置場に見覚えのあるチャリが置いてあった。スーパーチャリダー浅地亮さんのだ! キッチンにいた彼に声を掛けると、驚いたように振り向く。カナダのバンフ国立公園で会って以来だから、2か月振りの再会。まさかこんな所で会うとは、お互いビックリ。その後の積もる話で盛り上がる。

s-IMG_8323

リラックスした一日が過ぎた。
posted by mino at 01:00| Comment(0) | 北米>USA アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月29日

デビルズガーデンの悪魔!

Moab, Utah in USA, Oct/22(Tue)
Run: 0Km, Cumulative: 44,948Km
Lazy Lizard Hostel (USD: 14.485)

昨日、同室のイラン出身でロサンゼルスに住んでいるモイン(写真右)が、今日アーチーズ国立公園に車で行くと言うので、乗せてもらうことになった。モアブに着いた初日に話がまとまりラッキーだが、帰りはお互い別の方向になるので、どこかで下ろしてもらい自転車で帰ることになった。彼の愛車マツダRX-8(元々スペースが無いスポーツ車)には荷物満載。仕事を辞めてアメリカを一周していると言う。彼のチャリの上に私のルート号を乗せて出発。

s-IMG_8262

10キロほど北上し、アーチーズ国立公園へ。彼は国立公園の年間パスポート(80ドル)を持っていた。ビジターセンターで公園の地図を貰って、急な上り坂を進んでいく。道はいいが路肩はかなり狭く、自転車でここを走るのはちょっと危険。

s-IMG_8265

かなり大きな岩山が所々にそそり立っている。

s-IMG_8268

最初のアーチ、ノースウィンドウは車を降りて直ぐ近くにある。

s-IMG_8270

アーチはかなりデカい。

s-IMG_8274

そこから直ぐ西にあるトゥレットアーチ

s-IMG_8278

トゥレットアーチからノースウィンドウ(左)とサウスウィンドウを見る。

s-IMG_8286

ノースウィンドウをバックに。穏やかな吹く風は冷たいが晴れていて気持ちいい。

s-IMG_8281

アーチがどのようにして形成されたかの説明文があった。分厚い岩の下にある岩塩層が圧力により移動したり潰されたりしながら地層を突き上げ盛り上がっていく。それで亀裂が入り割れた岩山ができる。それの薄い箇所の風化浸食を繰り返して、アーチが形成される。

s-IMG_8289

何キロか北上し、駐車場から1キロほど坂を上った所から見るデリケードアーチ。もっと近くに行きたかったが、かなり歩かなければならないので、40倍ズームを効かして撮る。

s-IMG_8292

綺麗なアーチで、ユタ州の車のナンバープレートにもなっている。

s-IMG_8319

ここから更に北上したデビルズ(Devil: 悪魔)ガーデンへ。ここは往復6.6キロのトレールコース。私は右膝の故障でこの距離を歩ける自信がない。モインは更に長く、アップダウンのある8.8キロの周遊コースを行きたいと言う。

駐車場で彼を3時間位待つか否か、かなり迷う。

ジッと待っているのも嫌なので取りあえず、行ける所まで行こう。駄目だったら引き返そうと決心。短パン姿になり、リックに水1Lとサンドイッチやピーナツを入れて、彼と一緒に行く。

柔らかい砂地や岩の上を1.5キロ歩いて、横に長いランドスケープアーチが見えた。

s-IMG_8295

勾配がきつい大きな岩山を登っていく。

s-IMG_8296

この辺は狭い岩の上。展望はいいが、下は崖。モインはシューズに砂が入ったので裸足で歩く。

s-IMG_8297

更に1.7キロ歩いて上下に二つあるダブルオーアーチに着いた。

s-IMG_8300

モインは上半身裸になり、瞑想のポーズをしばらく取っていた。

私の右膝は大丈夫だが、右脛の筋が張っていてちょっと痛い。痙攣しないように水を飲みながら昼食にし、塩分の効いたピーナツを食べ栄養補給しマッサージをする。

ここで私は来た道を引き返すが、モインは少し遠回りになるルートを進む。待ち合わせは駐車場に停めてある彼の車。

この公園で迷子になると聞いていたので、帰りは道に迷わないよう、人の後について歩く。

s-IMG_8303

駐車場に近づくにつれ、人の数も増えてきて安心。脛は少し痛むが幸い酷くはならない。

s-IMG_8306

15時半、ようやく彼の車に戻った。日陰になっている椅子に座り、トレッキングシューズを脱いで、ピーナツを食べながら、筋を念入りにマッサージする。弱い風が吹いていて心地よい。

彼は私より2キロ長いルートなので、30〜40分待てば帰ってくるだろう。

ところが1時間待っても現れない。

徐々に心配になる。彼は2日前、近くの渓谷に行った時に迷子になったと話していた。又、道に迷っているのでは!?

椅子にジッと座ってられなくなり、道端を行ったり来たり繰り返す。こんな時、彼が戻って来る気配を感じない。

やがて1時間半が過ぎ17時になる。私のルート号はあるが、鍵や荷物は全て彼の車にある。どうしようと思っても何も身動きできない。

冷たい風が吹くようになり、短パン姿にウインドジャケットだけでは寒い。彼を信用しなけれな良かったと悔やむ。

17時半、突然向こうからモインがやってきた!

ウワー、両手を広げて彼を迎える。何てこった。こんな時はお互い笑い顔しか出てこない。彼に聞くまでもなく、やっぱり迷子になっていた。

良いニュースがあると彼は言う。もう夕暮れが近いので、これから次の町には行かず、またホステルに泊まるから、私を車でそのまま送って行くと言うのだ。“当たり前だろう! どれだけ心配したんだ” と思ったが ”Thank you” としか出てこなかった。

かなり傾いた西日が眩しい中を宿へ向かう。

s-IMG_8310

宿に着き、直ぐシャワーに入り、卵入り野菜炒めを作り、ビールを飲みながら夕食。

s-IMG_8311

ようやく落ち着いた。かなり疲れた一日なってしまった。デビルズガーデンにはやっぱり悪魔が住んでいた。
posted by mino at 01:00| Comment(0) | 北米>USA アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする