2019年08月31日

ブラックベア出現

Columbia Icefield → Waterfowl Lake in Canada, Aug/21(Wed)  
Run: 71Km, Cumulative: 42,222Km
Waterfowl Lake Camp (CAD : 15.7)

標高2000Mの最低気温は6度、もっと冷えるかなと思ったが以外だった。支度をして8時半スタート。今日も朝からいい天気になった。

s-IMG_6878

明日到着予定のレイク・ルイーズまで126キロになった。

s-IMG_6883

しばらく平原を進む。

s-IMG_6890

迫力ある山が次々に現れる。

s-IMG_6898

やがて急な下り坂に差しかかる。

s-IMG_6901

大きなヘアピンカーブの下方にこれから通る道が見える。

s-IMG_6903

サチワカワン川の流れに沿って下っていく。

s-IMG_6907

向こうから来た車の男性が窓を開け、”ベア!” と大きな声が飛んできた。少し進むと車が何台か停まっていた。ブラックベアだ! しかも私の方にノッシノッシと向かって来たので、ゾクッとして反対車線の車の方に逃げる。

s-IMG_6911

やっぱり、堂々としていて迫力が違う。

12時50分、48キロ。国道11号線との交差点、サチワカワン川クロッシングに大きなレストランがあった。

s-IMG_6914

早速、チキンサンドイッチとサラダにコーヒーで昼食。それにデザートはブルーベリーがたっぷりのチーズケーキ。この甘さを味わいながら一口ずつ口に入れる、美味―い!

s-IMG_6915

休んでいると浅地さんがやってきた。彼はてんこ盛りアイスを食べていた。彼は大の甘党で食べ終わると、まだ足りなかったのだろう、もう1個アイスを食べていた。

そこからは若干上り坂になる。日差しはきつく暑い、半袖で十分だ。

s-IMG_6918

16時、ウォーターフォール湖の大きなキャンプ場に着いた。

s-IMG_6922

夕食を準備しようとしていると雨が降ってきた。

s-IMG_6924

小屋に避難して夕食を食べる。大分遅れて浅地さんがやってきた。どうしたのかなと思ったら、後輪が突然破裂したそうだ。応急処置として持っていた結束バンドで縛り、そのまま走ってきたと言う。そういえば、タイヤがかなり擦り減っているなと思っていたところだった。

近くでブラックベアが出たと言うので、食べ物類を全て食料保管庫に仕舞う。ここは国立公園、野生動物は何処にでもいそうだ。
posted by mino at 01:00| Comment(0) | 北米>Canada カナダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月30日

コロンビア大氷原

Honeymoon Lake → Columbia Icefield in Canada, Aug/20(Tue)
Run: 55Km, Cumulative: 42,151Km
Columbia Icefield Camp (CAD : 15.7)

最近は6時半頃にやっと明るくなるので、それからでないと行動できない。テント内でサンドイッチを食べ終えると7時過ぎになる。大きな飲料水のタンクが置いてある。水を3.5L入れて、8時20分スタート。

s-IMG_6833

朝からいい天気で暑くなりそう。3〜4キロ進んだ所にロッジ兼レストランがあった。国立公園の中なので、レストランなど無いと思っていたが。立ち寄ってコーヒーとマフィンを注文し、WiFiに繋いでしばしネット休憩。

s-IMG_6837

綺麗な景色に圧倒されながら南東へ進んでいく。

s-IMG_6838

山の名前の看板は方向を指してあり分かり易い。

s-IMG_6844

高い山でも標高3000Mちょっとだが、近くで迫力があるのでかなり高く感じる。

s-IMG_6847

道端の花も綺麗だ。

s-IMG_6841

遠くに氷河が見えてきた(ストゥティフィールド氷河)。 丁度ここから厳しい上り坂になった。

s-IMG_6851

ハアハア息が切れ漕げなくなったので、押して上がる。

s-IMG_6855

道の側に滝があった。

s-IMG_6856

一歩ずつ押しては何度も休憩を取る。やっと上った所に観光名所のグレイシャー・スカイウォーク。道路際に金網が張ってあり、写真を撮れないようにしてあるのかな?

s-IMG_6862

そこを下ると川沿いの大平原になった。一本の真っ直ぐな道が続き、強い向かい風が吹いている。その先にコロンビア・アイスフィールド(大氷原)が見えてきた。

s-IMG_6867

その谷には大きなアサバスカ氷河

s-IMG_6870

16時、そこから1キロ進んだキャンプ場へ。コロンビア・アイスフィールドの山々が一望に広がる標高2000Mの素晴らしいキャンプ場だ。

s-IMG_6872

近くに小川が流れていたので、久しぶりにスッポンポンになって身体を洗う。綺麗に澄んだ水は多少冷たいが何て心地よいことか!

テントを張りしばらくすると、浅地さんがやって来てビックリ! 私より大分先に進んでいると思っていたのに。天候が悪かったのでしばらく待機していたと言う。

s-IMG_6875

二人で一緒にご飯を食べ、お喋りしながら時間が過ぎていく。

posted by mino at 01:00| Comment(2) | 北米>Canada カナダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月29日

アイスフィールド・パークウェイへ

Jasper → Honeymoon Lake in Canada, Aug/19(Mon)  
Run: 50Km, Cumulative: 42,096Km
Honeymoon Lake Camp (CAD : 15.7)

昨日、夕食を食べようとしたところ雨が降りだした。最近いつも夕食時にどういう訳か雨になる。その後、雨は夜半まで続いた。
今朝は暖かい朝になった。8時半スタート。

s-IMG_6807

国道93号線は別名アイスフィールド・パークウェイと言われている。ジャスパーとレイク・ルイーズ・ジャンクション間の約230キロで、カナディアン・ロッキー観光のゴールデン・ルートである。両側にロッキー山脈がそびえ、その谷を通っていて、美しい湖や雄大な氷河を眺めながら走っていくことができる憧れのルートだった。

s-IMG_6806

2〜3キロ進むと公園ゲートがあり、ジャスパー国立公園とバンフ国立公園の滞在期間を聞かれる。私はシニア料金(65歳以上)で1日8カナダドルの6日間、49.8 カナダドル(48+税)を支払う。確認のパスポート提示を求められるかなと思ったら別に言われなかった。

s-IMG_6808

朝の内は霧が立ち込め、低い雲で周りの景色は見えない。標高1000Mのジャスパーから少しずつ上っていく。

s-IMG_6809

雲は徐々に無くなり高い岩肌の山が見えるようになってきた。

s-IMG_6813

12時、34キロ、昼食を取る頃にはいい天気になった。

s-IMG_6815

アサバスカ川沿いを上流へと進んでいく。

s-IMG_6820

s-IMG_6817

峰々の姿は刻々と変わっていく。

s-IMG_6823

14時半、目的のハネムーン・レイクキャンプ場へ。

s-IMG_6827

時間はたっぷりあり、テントを張って寛ぐ。標高1400M、晴れていれば暑いが陰ると冷えて寒くなる。何を着ていいか分からない。

s-IMG_6828

キャンプ場の直ぐ傍にあるハネムーン・レイク。何ともお洒落な名前、また綺麗な景色だ。

s-IMG_6829

食料保管庫が備えてある。

s-IMG_6831

夕食は、コンソメスープ味ご飯。米と野菜、ソーセージ等にたっぷり水を入れ煮込んだもの。簡単でまあまあ美味しいし、後片付けも簡単。それに韓国沢庵とメープル味の甘い煮込み豆。

s-IMG_6832

国立公園の1日目は終わった。
posted by mino at 01:00| Comment(0) | 北米>Canada カナダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする