2017年04月30日

エチオピア国境の町へ

Yabelo → Moyale in Ethiopia, Apr/16(Sun)
Run: 3Km, Cumulative: 31285Km
Hotel Coca Cola

今朝も6時発バスに乗り込むと、昨日のバスだった。120ブル、600円。
南東の国境の町モヤレまでは210Kmの距離。道は非常に良く、乗客も少ないので快適な旅だ。

途中、乗客が羊2匹を買い、その羊はバスのトランクへ押し込められた。何か哀れだがこれが現実。

s-DSC00699

標高1700M付近はガスが掛かっていたが、それ以降は徐々に標高を下げていく。広大なエチオピアの大地が見える。

s-DSC00700

10時前、標高1100Mのモヤレに到着。

s-DSC00701

前日にオーストリア人シモンから、「今日はコカ・コーラホテルに移動する」というメールが入っていた。彼は前日このモヤレに着いて、別のホテルに泊まっていた。

s-DSC00706

お腹が空いたので、早めにレストランへ。肉が食べたいので、「チキンはないか?」と聞くと、今日は肉を食べる日だと言う。周りの客も肉を食べているではないか。話を聞くと、今日4月16日はイースター(復活祭)で肉や卵食べ、ミルクを飲む特別な日なのだそうだ。バー兼レストランレスでは、男たちはビールを朝から飲んでいるのだろう大騒ぎをしている。ただでさえ大きな声を出すエチオピア人、大音響の音楽を掛けながらなので、うるさくってしょうがない。

s-DSC00704

今まで肉が食べれなく、殆ど野菜だったが、復活祭の2カ月前ぐらいの期間は肉や卵は慎むようだ。

頼んだ肉は羊肉、肉だけの料理だが、柔らかく煮込んであって美味い!もうちょっと食べたいくらいだった。

s-DSC00703

昼食から帰るとシモンが待っていた。一部屋250ブルの(1250円)ところ、二人が泊まるからと200ブル(1000円)に値切った。

現地の人が良く食べている葉っぱを一枚貰って食べてみたが、私には苦くって食べれなかった。

s-DSC00711

子供たちがサッカーをしていた。近寄ってみると、英語を話せる子がいた。これまで子供達から「ユーユーユー」と言われてかなりうっとうしかったが、彼らはそれを言わず、普通に無邪気で可愛らしかった。

s-DSC00708

夜、シモンとエチオピア最後の夕食。二人でビールを飲みながら、細かく切ったビーフを食べる。

s-DSC00712

2017年04月29日

バス旅も楽じゃない

Shashamane → Yabelo in Ethiopia, Apr/15(Sat)
Run: 3Km, Cumulative: 31282Km
Hoteela Salaam

夜中、目が覚めて余り眠れなかった。バスは朝6時発とのことだったので、4時過ぎ起床。
軽い食事を済ませ、薄明るくなってきた5時半過ぎ出発。

バスターミナルは10分ほどの距離。ヤベロ行きバスを聞いて210ブル、1050円。ルート号を屋根に乗せる時、手伝ってくれた人にチップ20ブル、100円を渡す。いつもの事だが、必ず渡さなければならない。

s-DSC00676

満席になるまで待って、6時45分出発する。ヤベロまで350Km位の距離だ。

s-DSC00684

25Km先の大きな町アワーサを過ぎると道路は未舗装路が多くなった。アディスアベバで一緒だったドイツ人親子が言っていたとおりで、道はかなり悪い。身体は上下、左右に持っていかれる。

窓が壊れているようで、開きっぱなしの窓から土埃が大量に入ってくる。

隣の男性は国境のモヤレで商売をするらしく、色々教えてくれる。この辺はコーヒーの産地のようだ。マンゴーやバナナも生い茂っている。

途中、子供や大人が、肩に担いでマンゴーやバナナを売りにくる。

10時15分、3時間半も走ったが、110Km位しか進んでいない。道路が悪いので、時速30Km位スピードがやっと。ディーラの町で昼食休憩。いつものスパゲティを頼んだが、悲しいかな具は殆ど入っていなかった。味も薄く、無理して食べた。もうお腹は大丈夫だ。

s-DSC00681

別のバスの屋根には、客が買ったのだろうか羊が繋がれていた。

s-DSC00682

半分以上走って、道路はようやく綺麗に舗装された道になった。

点在する民家

s-DSC00696

巨大なアリ塚が点在する。

s-DSC00690

17時、小さな町ヤベロに到着。ルート号を下ろしたら後輪が外れていた。かなりのショックで外れたのだろうか?一瞬焦ったが、問題なく取り付いた。

明日のバスターミナルを確認して、街中の宿に着いた。

s-DSC00698

昼は停電で、真っ暗になった午後7時ようやく電気が点いた。

明日も朝6時発なので、早めに就寝。

2017年04月28日

一日様子見

Shashamane in Ethiopia, Apr/14(Fri)
Run: 10Km, Cumulative: 31279Km
Hotel Shalla

昨夜、夕食を抜いてバナナ一本のみ、深夜にまた一本食べたがお腹は問題なかった。
今日は朝食付きに変更したので朝から楽しみ。レストランではビュッフェタイプの食事が準備されていた。こんなのはアフリカに来て初めてのことだ。

エチオピア料理が多いがチーズやスクランブルエッグがあった。量はまだあまり食べれないので、パンは一切れ。それにパパイヤとパイナップル。しっかり味わって食べる。

s-DSC00671

朝の時間に明日のバス出発時刻を調べにバスターミナルへ。3-4Km離れた場所に到着。
何人かに聞いて、ヤベロ行きバスの出発は朝6時発だと確認する。

s-DSC00672

となるとホテルを遅くとも5時半には出ないといけないので、近くのホテルに移動することにした。このホテルはバス乗場から1Kmもない距離で料金は300ブル、1500円。ちょっと高いが昨日までと比べると全然安いのでしょうがないか。

s-DSC00673

ルート号は部屋の中へ

s-DSC00675

お腹はその後も安定していて、おならも力強く出るようになった。これでもう大丈夫だろう。昼食は昨日昼、食べ切れなかったピザの残りを食べる。

午後はホテルのレストランでネットタイム。

s-DSC00674

さあ、身体の調子も元通りに回復した。明日は300Km南のヤベロヘのバス移動になる。