2017年03月14日

初めて出会ったチャリダー

Luxor → Idfu in Egypt, Mar/07(Tue)
Run: 111Km, Cumulative: 29879Km
Hotel Amoun

ホテルの朝食はいつものオムレツ、チーズ、ジャム、チャイ。トマトとジュースは私が買ってきたもの。いつも普通のパンが食べれて美味しい。

s-DSC09896

今日から2日間、エジプト最後の走りをするぞと気合いが入る。今日はアスワンまでの中間地点、110Km先のエドフを目指す。

s-DSC09897

ルクソールを出た所に検問所があったが、そのままパス。よーしこの調子だ。道はフラットで走り易い。西からの横風が吹いていたが、10時頃になると追い風に変わった。横風の時は風切る音がするが、追い風になるとシーンと静まり返る。スピードもドンドン上がって時速25Kmを越える時もある。

第2、第3検問所も無事パス。護衛が付かない一人旅の解放感を味わいながら走る。
途中の町で

s-DSC09898

天秤秤、野菜や果物はよくこれを使っている。

s-DSC09900

中間地点の町で昼食休憩。

s-DSC09902

向こうからペアサイクリストがやって来た。初めて会うチャリダーに大興奮。スイス人のロバートとモニカで長旅をしている。このアフリカも既に1年3カ月との事。これまでユーラシアや南米大陸を旅していて既に8万キロを走っている。見ると、バイクは薄汚れ、他の物もかなり使いこなしている様子。ヘルメットも表面の輝きがなくなっていて剥げている。「よくそこまで使うかよ」と言いたかったが我慢する。愛着があって手放せないのだろう。

s-DSC09906

スーダンポンドが少しあると言うのでエジプトポンドと交換。1対1だそうだ。公式レートではエジプトポンドの3倍位になっているが。彼らは日本も縦断していて、日本人は親切だし、町もトイレまでも綺麗。また温泉の露天風呂も気持ちよかったと大の日本びいきになったようだ。何か困った事あったらメールくれ、色々サポートするからと言われる。流石走りこなしてきているチャリダー。話が次から次へと止まない。彼らもよっぽど他のチャリダーに飢えていたのかな?10分ぐらいだったろうが、色々アフリカのいい所も聞けたし大満足。やっぱりチャリダー同士は直ぐ意気投合する。この後は地中海を船で渡ってスイスの自宅を目指すそうだ。気をつけてねー!

その後も追い風は続き、快調に走る。右にナイル川、左に鉄道。

s-DSC09911

左手の東側は砂漠になってきた。

s-DSC09914

ナイル川を渡り、西側の町エドフに入る。

s-DSC09915

目的のホテルも見つかった。

s-DSC09917

最近、夕食は大衆食のコシャリだったので、今日はちょっと豪華にチキンとサンドイッチ。(60ポンド、420円)

s-DSC09919
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。