2017年03月09日

自力で観光地ルクソールへ

Qena → Luxor in Egypt, Mar/02(Wed)
Run: 67Km, Cumulative: 29768Km
Hotel Merry Land

ここ何日か下痢が続いている。酷くはないので、落ちつけば動ける。水のせいだろうか?昨日の夕食はパスタを食べた。その時、喉が渇いてファンタの他に、コップに入った水を少し飲んでしまった。ペットボトル以外、できるだけ飲まないようにしているのだが、ツイツイ喉の渇きに我慢できなかった。気をつけねば。

レセプションに行くと警察はいなかったので、即スタート。恐らく宿から連絡はされていると思う。日差しが強く半袖にベストで十分。

s-DSC09699

ブーゲンビリアが綺麗に咲いていた。これまでも見かけたが、土埃を被っていて可哀そうだった。この辺は路肩の掃除をしているようで土埃が少ない。

s-DSC09702

運河の側を南へ

s-DSC09705

町を出た所に検問所があったが、知らん振りしてゲートを突破。幸い何も言われなかった。またどこかで追いつかれるかも知れないが。後ろを気にしながら走る。

アーチ型にカットされた街路樹

s-DSC09706

13Km地点、とうとう警察車に捕まった。今日は精々60Kmちょっとの距離だし、観光地のルクソール。何とか自力で走りたかった。警察に「危険だから」と車に乗ることを勧められたが、「No Problem!No Problem!」と大きなジェスチャーで繰り返し断った。警察も諦めたらしく、「じゃ、いいよ」というしぐさをした。

警察の車はピッタシ後ろに付いてくるが今日はもう気にならない。フラットな道を順調に飛ばす。

途中、チャイ休憩を取ると、彼らも横で銃を置いて休憩。物騒なようだがいたってのどか。

s-DSC09707

警察は3回交代しその都度車を勧められたが、ガンと断り、ルクソールを目指す。確かにチャリのスピードでは彼らもかったるいのだろう。

ルクソールの町に入る所に検問所があった。そこを右折し、ナイル川に向かうと警察はもう付いてこなかった。やっと解放されてホッと一息。

s-DSC09709

ルクソールを流れるナイル川にて

s-DSC09710

ガイドブックに載っていたナイル川沿いのホテルに着いた。

s-DSC09712

観光地なので高いかなと思ったら、以外と安い。朝食付きで一泊150ポンド(1050円)。エレベーターがあるし、綺麗なバスタオルも置いてある。値段のわりにはいいようだ。

屋上のバルコニーからナイル川が見渡せる。

s-DSC09716

周りは立派なホテルが建っている最高の環境だ。居心地が良さそうなので、先ずは4泊する事にした。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。