2017年02月24日

エジプト考古学博物館へ

宿から7-800mほどの距離にあるエジプト考古学博物館へ行った。

s-DSC09342

大きな建物で、古代エジプトの文化財が収納されている。4-5千年も前によくもこんなデカい物を作ったものだと驚く。

s-DSC09344

これはツタンカーメンの父、アクエンアテン。多神教から一神教(アテン神)に宗教改革をして、国中を混乱に導いたファラオとして有名。

s-DSC09375

サーお目当てのツタンカーメンの部屋。古代エジプト第18王朝のファラオ。ここの部屋のみ撮影禁止になっている。写真真中に小さく見えるのが黄金のマスク。

s-DSC09366

ツタンカーメンのミイラに掛けられていた黄金のマスク(ネットより借用)。部屋は以外と空いていたので、じっくり立ち止まってたっぷり観る。方向を変えてはじーっと観る。その美しさに見とれてしまった。

キャプチャ

ツタンカーメンの椅子の背もたれ部分には、王妃との姿も刻まれているがこれまた素晴らしい出来栄え。

s-DSC09358

s-DSC09356

s-DSC09353

ナイル川を中心に栄えた古代エジプト。船は盛んに利用されたのだろう。

s-DSC09372

エジプト定番、コシャリを食べようとアブー・ターレクへ。店内は混んでいた。

s-DSC09382

これがそのコシャリ。茹でたマカロニやスパゲティ、それに米、上には豆や子エビかな?が乗っている。トマトソース味のスープは別の器に出てきて、好みで量を掛けて混ぜ合わせて食べる。

s-DSC09380

その後は、落ち着いた雰囲気のあるカフェでティータイム。紅茶に砂糖をたっぷり入れて寛ぐ。

s-IMG_20170221_070343

宿に帰り、ちょっとのつもりが歩き疲れたせいか、3時間も寝てしまった。