2017年02月16日

水彩画 - 南米編

ペルーインカ帝国の首都クスコへはアンデス山脈の厳しいアップダウンを避けるため、バスを利用した。地上絵で有名なナスカから、バスは一気に4200mの峠まで上った時、突然胸の締め付けで目が覚めた。動悸はするし頭も痛い、高山病になってしまった。初めて経験する高山病とはこんなにもきついとは知らなかった。

中心地アルマス広場に面する教会

s-DSC09124

標高3810mのチチカカ湖畔にあるプーノ。高山病がようやく治りかけた時、今度は酷い下痢。宿でじっとしていたが、気分転換に街に出ると鮮やかな民族衣装の若者たちが、けたたましい音楽に合わせてパレードをやっていた。

絵は未完成。あと一日、たっぷりあればできるのだが余裕はないし。また帰って来てから描こう!

s-DSC09281

アルゼンチン、メンドーサからチリへ抜けるにはアンデス山脈を越えなければならない。その途中にあったインカの橋(Puente del Inca)。川沿いには天然の岩が黄色や赤みがかっていた。橋の所から温泉が湧きでていて、このような色に変色したという。遺跡のような建物はかつて温泉施設だったが、今は廃墟になっている。名前はインカだが遺跡とは全く関係ないようだ。

s-DSC09153

インカの橋から西へ20Km、国境のトンネル抜けチリ側に入る。標高3190mの国境付近では綺麗な雪山が待っていた。

s-DSC09162

パタゴニアの名峰、フィッツロイはどこから見ても絵になる。世界中のクライマーの憧れの山でもある。フィッツロイの直ぐ近くまでトレッキングした時も、悪天候にも関わらず、テントを張ってジッと待っている登山者が何人かいた。

朝日に輝くフィッツロイ

s-DSC09178

posted by mino at 21:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 水彩画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする