2014年12月28日

繰り返す坂道

Ancud → Castro in Chile, Dec/21(Sun)
Run: 85Km, Cumulative: 27214Km
Hostal Cordillera

7時過ぎ、キッチンに行くと朝食は既に並べられていた。パンは食べ放題、チーズやジャム、蜂蜜もたっぷりあり、家庭的な宿のサービスに満足。

9時スタート

宿

海岸から 5号線に入ると直ぐ、“TSUNAMI” 避難経路の看板、前方の高台に逃げろ。急な上り坂が始まる。

津波

路面に波模様の傷は冬場の滑り止めだろう。

道路処理

今朝作った、ハムやチーズ、トマト、キュウリ入りサンドイッチで昼食。バス停で食べている時、またも小雨が降ってきたが、直ぐ止む。

昼食

チリの島ではフエゴ島に次いで広く、南北 200km、東西 50~60kmで長方形をしている。一見広大な平たい島に見えるが、上り下りを繰り返し、結構ハード。

道

民家の煙突から煙が出ていると生活感がある。トタン屋根が多い。

住宅

道路際には花が満開。晴れていても時々雨が落ちてくるが通り雨で直ぐ止む。

花

車に引かれた荷台の上にはサンタクロース。子供を見かけるとプレゼントを渡していた。

サンタクロース

チロエ島名物の水上家屋は色とりどりで可愛らしい。丁度今は引き潮のよう。

海辺の家

午後 5時、カストロに到着。観光地でここも宿は沢山あり、ホスタルに落ち着く。

夕食は宿で教えてもらって海岸近くのレストランへ。食べてみたかったクラントを注文。ムール貝やアサリにハム、ソーセージ、ジャガイモなどを一緒に煮込んだ物。大きな皿に山盛りになって出てきた。ビールはチロエの地ビール Chihue。腹一杯になった。

クラント
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。