2014年12月24日

チリ富士を眺めながら

Frutillar → Puerto Montt in Chile, Dec/17(Wed)
Run: 52Km, Cumulative: 27019Km
Hospedaje Polz

昨日見えなかったオソルノ火山。今朝はどうだろう?少し明るくなってきたので前の湖畔に出ると朝日に染まったオソルノ火山が見えた。

オソルノ火山

朝食は 8時からだったが、宿のお婆ちゃんが 7時半には「もう食べれるよ」と声を掛けてくれた。トーストされたパンにチーズやハム、それに何とケーキを 2個も出してくれた。この宿は日中カフェをやっていて様々な手作りケーキが置いてある。

朝食

ブルーベリーケーキと白っぽいケーキ。甘くって美味しいが、かなり大きいので流石に食べきれない。こんなに量の多い食事は今まで見た事ない。勿論これはお婆ちゃんのサービスだろう。どうもありがとう!

9時、宿を出発。

宿

この辺はドイツ人の植民が多かったようだ。これまで平屋が多かったが、2階建ての立派な家があちこちに見かける。

民家

民家

ジャンキーウェ湖畔沿いの道を進んでいく。道は急なアップダウンが次々にやってくる。

坂道

オソルノ火山は富士山にとてもよく似た山(標高 2652m)で、現地でも「チリ富士と呼ばれている」。

オソルノ火山

オソルノ火山

25Km進んだジャンキーウェでピザ昼食。

町を出ると高速道路 5号線に入る。プエルト・モンまで 22Km。

標識

向かい風が吹いているが、天気が良くさわやかで気持ちいい。

途中、2回目の昼食

休憩

高速を降り、プエルト・モンの街まで下っていく。下った海辺の近くにバスターミナルがあり、周辺には宿が沢山あった。手ごろな値段の Hospedaje (トイレ、シャワー共同、10000ペソ、2100円)に決める。

宿

ようやくパタゴニアの玄関口と言われるプエルト・モン(南緯 41度)まで来た。パタゴニアはチリ、アルゼンチンにまたがる南緯 40度以南の地域の総称。

近くのレストランでグリルしたチキンと 1Lビール。安堵感が漂う。

夕食
posted by mino at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 南米>Chile チリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする