2014年12月23日

初めてのパンク

Osorno → Frutillar in Chile, Dec/16(Tue)
Run: 75Km, Cumulative: 26967Km
Hospedaje Trayen

朝、出かけようとした時、前輪の空気が半分ほど抜けているのに気付く。パンクかどうかわからないが、取りあえず空気を入れて様子を見よう。

今日はカラッとしたいい天気になり、半袖にベストと短パンでも大丈夫。

ホテル

街を出ると高速道路 5号線に入る。

高速道路

12時過ぎ、41Km地点の Purranqueに到着。レストランを探すが見当たらない。突き当りまで進んだ角に露店があった。

これは大きな串焼き肉。焼きたては肉汁がたっぷりでて美味い!3本も食べてしまった。150円/本

串焼き肉

これはエンパナーダと言って中に挽き肉やチーズなどが入っているのを揚げている。揚げたては特に美味い。

エンパナーダ

目的地フルティージャまで 25Km、プエルト・モンは明日到着予定。路面は良く快調に走る。

標識

道路沿いはお花畑が続く。

お花畑

午後 3時過ぎ、湖畔の町、フルティージャに到着。向こうにオソルノ火山が見えるはずだが、頂上付近に雲が掛かっていて見えず。今日の最高気温は 18度、日差しは強いので日光浴している姿を見かける。

ジャンキーウェ湖

観光地のようでホテルやカフェ、レストラン、土産物店などがある。

フルティジャル

宿に着くと前輪の空気はやはり少し抜けていた。早速パンク修理に取り掛かる。チューブを念入りにチェックすると、小さな穴が開いていてわずかに空気が漏れているのが分かった。パッチを貼って修理完了。

夕食はアナゴ(Congrio)料理にハーフボトルのチリワイン。Congrioは日本のアナゴよりかなりデカい。

夕食
posted by mino at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 南米>Chile チリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする