2014年12月20日

小刻みなアップダウン

Villarrica → Panguipulli in Chile, Dec/13(Sat)
Run: 61Km, Cumulative: 26735Km
Hospedaje De Los Rios

分厚い掛け布団で温かく眠れた。この家は 2部屋とキッチンや冷蔵庫があって自炊できるようになっている。

部屋

昼食用のハム・チーズ入りサンドイッチを作る。

昼食用サンドイッチ

9時過ぎスタート。ビジャリカ火山の頂上から噴煙だろうか?かすかに見える。風で飛ばされた雪ではなさそう。後で調べると、この山は 1971年にも噴火していて今でも噴煙はでているようだ。

ビジャリカ火山から噴煙?

街中から上り坂になる。ハアハアしながら上っていると、車から男性が声を掛けてきた。「車に乗っていくか?」と言っているようだ。まだ上りが始まったばかり、天気もいいのでお断りする。でも有り難いことだ。

200mほど上って峠に差し掛かる。

峠付近

ところが、その後もアップダウンが続く。

あら、母親と子豚たち

豚

昨日泊まった Cabanas (キャビン)という看板をよく見かける。この辺は湖や綺麗な山があるので泊まれる施設が沢山あるのだろう。

30Km、湖があるLican Rayに正午に到着し、サンドイッチ昼食。

その後も小刻みに上り下りが続き、かなりしんどい。

アップダウン

木造の橋が現れた。

木の橋

パンギプジまでもう少し

標識

野原はお花畑

お花畑

午後 3時半、パンギプジ到着。ここも湖畔沿いの街なので湖に向かって下り坂になる。宿は直ぐ見つかる。部屋はシングルベッド一つだけで狭い。トイレ・シャワー共同で 8000ソル(1680円)と格安。シャワーのお湯がちょっと温かった。でも部屋やリビングなどは小奇麗にしてある。

パンギプジ

9時半、部屋から見る鮮やかな夕焼け。明日もいい天気になりそうだ。

夕焼け

距離はそれほどでもなかったが、アップダウンの繰り返しで今日はかなり疲れた。

posted by mino at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 南米>Chile チリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。