2014年12月19日

6日ぶりの自転車旅

Vina del Mar → Villarrica in Chile, Dec/12(Fri)
Run: 94Km, Cumulative: 26674Km
Calfu Tuet Cabanas

昨夜はサンティアゴから乗車した客で殆ど満席になったが、私の隣の席は空いていてラッキー、ぐっすり眠れた。大分南に来たせいか、夜明けの時間が早くなったようで 5時半ごろから明るくなってきた。6時過ぎ、朝霧が立ち込めている向こうから眩しい光が差し込む。

夜明け

7時過ぎ、テムコバスターミナルに到着。気温は低いが晴れているので温もりを感じる。

Temucoバスターミナル

ルート号を組み立て、サイクルウェアに着替え、売店兼カフェで朝食。

8時半スタート、6日ぶりの自転車旅になる。市内を通り抜け南へ。しばらくすると高速道路 5号線に入る。今日の目的地、ビジャリカは 84Km先、港町プエルト・モンは 336Km。

標識

20Km地点の Quepeで大渋滞。警察の車輛が道を閉鎖していてそこで下ろされる。事故でも起こったのだろうか?地図で調べるとビジャリカ方向はかなり遠回りになってしまう。警官に聞くと「後 1時間はかかる」と言うので、このまま待った方がいいだろう。

通行止め

Quepeの商店で、昼食のパンやジュース、チーズ、ハムを購入。チーズとハムは必要な分だけ薄く切ってくれるので便利。風は穏やかで温かい。

30分ほどで戻ってくると警察はいなかった。ただまだ動いてないようでトラックやバスは止まったまま。自転車は行けそうなので先に進む。

5Kmほど進んだ料金所付近には大勢の人がいて、道路一面に真っ黒に燃えたような跡を作業員が後片付けしていた。ガスマスクをした警官もいる。どうもストライキをやっていたようで、タイヤでも燃やして道路を閉鎖したのだろう。丁度終わって旗を持った大勢の人が散らばっていくところだった。

物々しい警備

Freireで高速を降り、バス停で昼食。

昼食

199号線を南東へ進む。周りは放牧された牛や羊、野原はお花畑。

花畑

午後 4時 標高 250mのビジャリカに到着。ビジャリカ湖の向こうには雪に覆われて富士山のようなビジャリカ火山(2841m)。

ビジャリカ火山

安いホテルは営業してなかったり、満室だったりで、中々見つからなかった。ようやくバンガロー風の宿に到着。

Cabanas

街中には木造の建物が目につく。

街中
posted by mino at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 南米>Chile チリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。