2014年11月21日

銀行でようやくお金を引き出す

Purmamarca → San Salvador de Jujuy in Argentina, Nov/14(Fri)
Run: 65Km, Cumulative: 25396Km
Hosteria Carlos Alvear

昨日の天気とはうって変わって快晴の青空になった。太陽が山に差し掛かってきたので、外に出てみる。このプルママルカは標高 2190mにある小さな村だが、その後ろに虹色の岩肌が迫る観光地。

s-DSC04773

s-DSC04776

s-DSC04775

ホテルを 9時前にスタート。

s-DSC04777

昨日上って来た 52号線を下っていく。

s-DSC04781

9号線にでると車も増えてきた。

s-DSC04782

s-DSC04785

100mほど上るとそこからは一気に下っていく。

s-DSC04786

向かい風もあってお腹が冷える。この後、急に下痢になり、風を通さないカッパを着て走る。もっと早めに着ておけばよかったと後悔。

午後 1時過ぎ、標高 1250mのサン・サルバドール・デ・フフイに到着。かなり暑いがお腹が心配でカッパは着たまま。

アルゼンチンに入って初めて見る大きな町。目的地のホテルへチェックイン。朝食時間が遅かったので、朝食抜きで 220ペソ(3300円)に安くしてもらった。

シャワーを浴びて直ぐ銀行へ。ようやくアルゼンチン・ペソを引き出すことができた。

s-DSC04787

今までの小さな町では銀行が一つしかなく、その銀行では私のデビットカード(VISAプラス)は使えなかった。これから先、多めにペソを持っていく必要があり気が抜けない。困ったものだ。

気温25度。半袖に短パンで十分。少し遅い昼食時にワインを飲む。その後は昼寝。1時間のつもりが 2時間も寝てしまった。

夕方、明日の朝食の買物のついでに街を散歩。この辺が中心街のようで、かなり込み合っていた。

s-DSC04792