2014年11月18日

向かい風に苦しむ

La Quiaca → Abra Pampa in Argentina, Nov/11(Tue)
Run: 74Km, Cumulative: 25173Km
Hotel Cesarito

ウユニ塩湖を走って、塩湖の照り返しでかなり焼け、唇が割れかなり痛かったが、昨日古い皮が剥がれ、少しは楽になった。日焼け止めは塗っているが唇は難しく、リップクリームをべっとり塗っている。

ホテルは朝食付きだったが、小さなパン 2個にコーヒーだけの簡単な食事だったので、部屋に帰ってもう一度食べ直す。私は朝からかなりの量を食べている。

標高 3400mでウユニより若干下がった影響だろうか温かい。今日は短パンでホテルを9時にスタート。

今日の目的地、Abra Pampaの標識。

s-DSC04708

アルゼンチンの路面は非常に良く滑らか。若干上った後は、殆どフラットな 9号線を南へ進む。

s-DSC04709

リャマの群れをまた見かける。

s-DSC04710

お昼時で、お腹が空いたので、村で露店を探すが全くなし。店が一軒あったが鍵が掛かっていた。しょうがないなあと思っていたら、女性が戻ってきて店を開けてくれた。ジュースを買おうとしたら、1.5Lのサイズ。買っておいたパンで昼食。

s-DSC04713

昨日パン屋で買ったパンは非常に美味しかった。ボリビアでは殆どパン屋を見かけなかったので余計に美味しいのかな?

目的地までは後 20Kmの距離。今日は強い向かい風でスピードが落ちる。変わり映えしない景色が続く。

s-DSC04714

午後 2時半、ようやくアブラ・パンパに到着。露店があったので即、注文。小さめの器にしてもらい、肉の炒め物やフライド・ポテト、トウモロコシが入っている。アルゼンチンでも同じようなメニューだ。

s-DSC04715

人に聞いてホテルも見つかる(140ペソ、2100円)。昨日もそうだったが、アルゼンチンに入って WiFiはあるがスピードは遅い。

s-DSC04718

夕方から強い風が吹き荒れた。

夕食は屋台でサンドイッチと鶏肉とパブリカ、タマネギが入った串焼きでブロシェットと言う。かなり大きく食べ応えがある。サンドイッチは少し口を付けただけで腹一杯になったので翌日の昼用にする。

s-DSC04719