2014年11月17日

アルゼンチン入国

Uyuni → La Quiaca in Argentina, Nov/10 (Mon)
Run: 7Km, Cumulative: 25099Km
Hotel Frontera

午前 1時起床。準備をしてチェックアウト。この前の洗濯物代50ボリビアーノ(850円)
を支払うと、持っているボリビアーノはほんの少し。

2時過ぎにウユニ駅に着くと、自転車の重量測定で超過料金 27ボリビアーノ(460円)。エ―?と思って財布を見るとぴったしの残金。これでボリビアーノは全て使い切ってしまった。大丈夫だろうか?

列車がホームに入ってくる。

s-DSC04694

最後尾に大きな貨物室があって預け入れ荷物を受け取る人でごった返す。私のルート号はちゃんと積んでくれるんだろうか?と不安になる。荷物降ろしと積み込み作業で 30分ほど停車。

s-DSC04696

客車

s-DSC04695

座席はほぼ満席の状態だった。乗り込むと直ぐ電気は消され真っ暗、やがて発車した。

毛布をもらい、うつらうつらしていたが、やがて眠りについた。

6時半、食券を皆に配っていた。「おや、食堂車で朝食が食べれるんだ」と驚く。
即、食堂車へ。

s-DSC04699

量はちょっと物足りないがまあまあの朝食だろう。何せ食べれるとは思っていなかったのだから。

s-DSC04698

列車は山沿いをゆっくり進んで行く。

s-DSC04702

9時半、1時間遅れで Tupiza駅に着くと多くの人が降りて行った。

午後 1時半、ようやく国境の町 Villazonに到着。ルート号はちゃんと出てきて一安心。でも土埃が被っていて真っ白。

s-DSC04703

国境まで 2Kmほど走り、イミグレーションへ。ボリビア国旗とアルゼンチン国旗が見える。

s-DSC04704

両方ともすんなりパス。ゲートを抜けるとウシュアイア 5121Kmの看板。

s-DSC04705

直ぐ、La Quiacaの街に入る。取りあえず ATMでアルゼンチン・ペソを下ろさねばと探すが中々 ATMが見つからない。やっと見つけてトライしたら、「このカードは使えません。」

仕方なくホテルを探し、どこかATMを聞くと、もう一カ所あると言うので行く。「引き出し金額が超過してます。」で小さな金額でもダメだった。

一旦ホテルに帰り、USドルの両替所を聞くとホテルのオーナーが車で連れて行ってくれた。両替所でオーナーが交渉してくれて、結構いいレートで両替してくれた。

ちょっと心配だが、これで何とか間に合うだろう。

泊まったホテルはバス・ターミナル近く。200ペソ(3000円)

s-DSC04706

アルゼンチンと言えば、牛のステーキ。レストランで出てきたステーキはかなりデカい。その上に目玉焼き 2個。ビールも 1Lのサイズ。やっぱり牛肉は美味い!130ペソ(1950円)

s-DSC04707

物価はボリビアよりは少し上がった。

アルゼンチンに入って時計が 1時間進み、日本との時差は 12時間になった。