2014年11月12日

ヒッチハイク

Poopo → Mendoza in Bolivia, Nov/05 (Wed)
Run: 117Km, Cumulative: 24896Km
Hotel Panturani

今日はできれば 220Km離れたウユニ塩湖北の街、Mendozaまで辿り着きたい。残り100Kmは悪路なのでバスを利用しよう。

気合いを入れて朝 6時にホテルをスタート。周りの山に日が差してきた。

朝

南北に長いウル・ウル湖方面は広大な平原。

平原

道は殆どフラットなので快適にスピードに乗る。

63Km地点の Challapataに午前 10時到着。いつものスープを飲んで昼食。

昼食休憩

店の人にキラカスからメンドーサまでバスがあるか確かめると「ある」と言う。良しそこまで頑張ろう。

リャマの群れを見かけるようになる。

リャマ

ウユニとキラカスの分岐点に差し掛かる。ウユニ塩湖を走破する右のキラカス方向へ進む。ウユニ方面は未舗装路だ。

分かれ道

車の通行量は大分少なくなってきた。丘の上にようやくキラカスの街が見えてきた。

Quillacas

午後 2時前、117Km地点のキラカスに到着。露店のおばさんにバスの時刻を聞くと夕方 6時と言う。エー?ここから 100Kmも先のメンドーサには夜になってしまうじゃないか!とてもそんなに待てない。これじゃあヒッチハイクしかない!

取りあえず、露店で肉の炒め物とトウモロコシ、ジャガイモで腹ごしらえ。

車が来るのを待つが殆ど通らない。3-4台、手を横に上げて止めようとしたが停まってくれない。

待っている間も日差しが強くジリジリくる。

1時間半ほど待ってようやく四駆トラックが停まってくれた。運転手のお爺ちゃんに聞くとメンドーサに行くと言う。ラッキー!

ヒッチハイク

荷台にルート号やバックを縛り付ける。

しばらく舗装路が続いてお爺ちゃんはかなりスピードを出して進む。50Kmほど進んだ所から未舗装路になった。道は次第に悪路へと変わっていく。

夕方 5時半、ようやく無事メンドーサに到着。中心部の公園そばにホテルがあった。(30ボリビアーノ、510円)。

ホテルに入るとドイツ人のサイクリストがいた。彼とは 3日前に会っていて、かなり軽装。今日も悪路を走って来ている。

ホテルの中は綺麗でトイレ、シャワーは共同だが 40ボリビアーノ(680円)の安さ。

明日のキャンプに備えて、食糧や水を買い込む。

何とかメンドーサに辿り着き安堵感が漂う。サー、いよいよ明日から 2日間、夢だったウユニ塩湖走破の旅が始まる。
posted by mino at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 南米>Bolivia ボリビア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする