2014年11月09日

久々の自転車旅

La Paz → Patacamaya in Bolivia, Nov/02 (Sun)
Run: 94Km, Cumulative: 24589Km
Alojamiento San Martin

8時、昨日頼んでいたタクシー(左の車)にルート号を積み込み出発。

ホテルをスタート

国道 1号線に出るにはラパスの標高 3650mから450m登らなければならない。ようやく標高 4100mの丘の上まで来ると素晴らしい景色が見えた。

ラパスの街

タクシーを降りてスタートする。プーノ以来 11日ぶりの自転車旅になる。

道路は工事通行止めの標識があるが、別に工事はしてないし、殆ど出来上がっているような状態なので進んでいく。片側 2車線の立派な道になるようだ。路面は良く車が通らないので安心して走れる。

閉鎖中の道

雨を降らす嫌な雲が前方右手の方向に迫ってきた。

空

つむじ風が舞い上がり、その向こうに時々稲光。降りそうな感じなので先を急ぐ。

つむじ風

57Km走った小さな村にホテルがあった。中に入るとレストランがあり昼食。肉、ウインナー、ピーマン、玉ねぎの炒め物、それにゆで卵が上に乗っている。食べ応えがあって美味い。

昼食

食べている時、雨が降ってきた。冷え込んできて寒い。しばらく待つが雨は上がらない。

午後 2時近くまで待ったがまだ雨は降り続いている。上がりそうがないので、仕方なくこのホテルにチェックインする。

ぬるいシャワーに入って後、外を見ると若干明るくなってきた。まだ 2時半。当初の目的地まで 35Km。まだ時間はあるので、慌ててホテルをキャンセルし、直ぐ出発することに変更。宿代は全額返してくれた。

雨上がり

そこから 2時間でパタカマヤに到着。バス停の側に幾つか食堂があってそこは宿もやっている。

Patacamaya

アロハミエントと言う安宿しかなく投宿(15ボリビアーノ、250円)。部屋の中に入ると鍵が掛からない。そういえば何か辺な棒が置いてあった。これでドアを止めるんだと納得。

つっかえ棒

シャワーは無く、幸い先ほど済ませてきたのでラッキー。

窓のない狭い部屋で、布団は臭いがこびり付いていているので自分のシュラフをベッドの上に引いて寝る。
posted by mino at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 南米>Bolivia ボリビア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする