2014年11月30日

強い追い風

Frias → Recreo in Argentina, Nov/23(Sun)
Run: 79Km, Cumulative: 26014Km
Hotel Rivadavi

東に面した部屋に朝から眩しい光が差し込んでくる。窓を開けると快晴。

朝食はパン 2個にコーヒーと水。アルゼンチンのホテルの朝食はどこも質素なので、これじゃお腹が膨れない。いつもその後、ジュースを飲んだりパンや果物を食べている。食事が 7時過ぎの時はその前に一旦食べている。

WiFiはアルゼンチンに入った頃は非常に遅かったが、最近の宿は全て快適に動く。どのホテルやホスタルにも WiFiは設置されているのでありがたい。

宿を 8時半スタート。

ホテル

大平原地帯の真っ直ぐな道路。路面は滑らか、車は少なく走り易い。追い風が吹きだしてきた。

道路

途中、GSでパン休憩。

GS

北からの強い風が吹いている。

風

高圧線の鉄塔に鳥の巣を見かける。小さな鳥のようで、中から鳴き声が聞こえてくる。

鳥の巣

ルート157を南へ。追い風でスピードはぐんぐん上がる。

ルート157

丁度、昼、目的地のレクレオに着いてしまった。日曜のせいか、街中は閑散としている。

街中

ホテルを探すが 1軒目は満室。2軒目、3軒目は鍵が掛かっていた。通りを行ったり来たりしながら 4軒目。立派なホテルがあった。ちょっと高かったが決める。285ソル、4275円。

ホテル

部屋は広くベッドが 3つも置いてあった。家具は手作り品でお洒落な感じがする。今日も暑くエアコンの風が気持ちいい。

部屋

昼食時にビールを飲んだら、しばし昼寝。

明日の目的地は 80Km先の小さな町 Mansilla。宿のご主人にホテルはあるか聞くと、「無い」。 更に 25Km先の Salinasにも無い。有るのは130Km先の Quilinoと言う。彼は英語が少し話せるので助かる。

今日のように強い追い風でも吹いてくれればラッキーだが、いつもそうとは限らないし、これまでは殆ど向かい風が多かった。ましてや後半 30Kmは上り坂になる。天気予報も最高気温 37度。

リスクが大きいのでバスの時刻をネットで調べてもらう。

バスは 180Km先の Dean Funesに停まる便で、明日午後 1時35分発がある。デアン・フネス着は午後 3時 25分。

座席はかなり埋まっていて、残り 7-8席ほど。今夜中にチケットを買っておきなさいと言われる。あまり早い時間、チケット売場は開いてないようだ。

夜 8時、バスターミナルに行きデアン・フネスまでのチケットを購入できた。(96ペソ、1440円)

バスターミナル

これでようやく落ち着いた。

2014年11月29日

行き先をコルドバへ変更

Los Altos → Frias in Argentina, Nov/22(Sat)
Run: 102Km, Cumulative: 25935Km
Hotel Monaco

迷っていたルートだったが、結局コルドバに向かうことになった。コルドバの方が一本道で町の間隔が短い。コルドバまでは順調にいけば 6日ほどの距離。コルドバからメンドーサへはバスを利用する。

夏の花、ノウゼンカズラかな?やブーゲンビリアが咲き乱れている。

花

朝の気温 21度、ウインドベストを着てスタート。64号線を東へ向かう。朝のうちは曇り空、山はなく遥か向こうは地平線。

地平線

50Km地点、Lavalleに到着。交差点付近にあった GSで昼食。昨日の昼に残した肉のカツレツにパン、コーヒーとジュース。美味しくってお腹一杯になった。

GS

ここから 157号線に入り南へ進む。今日の目的地フリアスまで 50Km、丁度半分の距離。

標識

道はフラットで幸い弱い追い風が吹いている。トップギアで順調に飛ばす。時速 25Km以上コンスタントにでて楽ちん。

道路

午後 2時、フリアスに着いてしまった。暑いので GSに入ってアイスクリーム休憩。

ホテルは公園向かいの角にあった。部屋はベランダ付きで1階はレストラン。朝食付き 200ペソ、3000円。

ホテル

ホテル近くのバスターミナル。中にあったバルでビールを購入。喉が渇いていたのでうまーい!

バスターミナル

夕食はホテルのレストラン。メニューに麺と書いてあったのでペルーで食べた野菜入り焼きそばかな?と期待して注文。

出てきたのはスパゲティ・ミートソース。(ちゃんとスパゲティと書いてくれればいいのに)ミートソースの中にグリルした大きなチキンが隠れていた。アルゼンチンでは毎日肉料理、美味いのでツイツイ食べ過ぎてしまう。

スパゲティ

夜、下の通りで車が渋滞?でも他の道があるので何なんだろう。別に急ぐ気配はなさそうだし、お祭りでも無さそうだが。

車

車やバイクの騒音が深夜まで絶えずうるさかった。でも疲れていたせいでぐっすり眠る。

2014年11月28日

ようやく晴れてきた

JB Alberdi → Los Altos in Argentina, Nov/21(Fri)
Run: 60Km, Cumulative: 25833Km
Hotel Dartagnan

今朝はいい天気かな?と期待したが、今日も曇り空で夜中にまた雨が降ったようだ。幸い雨は降ってない。

ホスタルを 9時出発。

s-DSC04887

パラパラと小雨が落ちてくるが気になるような雨ではない。

s-DSC04888

22Km地点、La Cochaに到着。お腹が空きどこかにレストランがないか辺りをキョロキョロしながら走る。

レストランを発見。でもまだ 11時で店はやってないだろうと覗いてみると、中から男性が出てきて OKの返事。丁度、営業を始めたところだった。

スパゲティ・ナポリタンとトマトサラダを頼んだら、出てきたのがこれ。ナポリタンってトマトケチャップじゃないんだ、と少し気落ち。

s-DSC04889

またこのデカい肉のカツレツ。頼んでないがスパゲティに付いてくるんだろうか?流石に全て食べ切れず、半分は包んでもらった。

沿道沿いでは馬をよく見かける。

s-DSC04894

ようやく天気は回復し晴れ間が見えてきた。色んな花が咲いている。

s-DSC04898

s-DSC04900

50Km地点の交差点に一軒のバルがあった。店の人に、この先の La Vina村にホテルがあるか聞くと「無い」ときっぱり。あれ―?昨日泊まったホスタルでは「有る」と二人共言っていたので安心していたが。このまま進めば山道になるし、村の先に町はない。

s-DSC04902

彼は「ここから東に 9Km行ったロスアルトスに有る」と言う。38号線から外れてしまうがしょうがないだろう。

午後 3時 ロスアルトスに到着。ホテルは直ぐに見つかった。

s-DSC04905

部屋には大きな外窓があり全開にして洗濯物を干す。

s-DSC04906

さてこれからどうしよう。この前から迷っていたことだが、コルドバに向かうかメンドーサに向かうか?どちらにしてもメンドーサには行くのだが。明日朝までにルートを決めなければいけない。