2014年09月30日

南米に向け出発

Home → Lima in Peru, Sep/28(Sun)

いよいよ今日、南米に向け出発の日になった。前日夕方、近くの神社で旅の安全のお参りを済ませる。

白旗神社

午前10時過ぎ自宅を出発。

成田には昼過ぎに着いて、まずは日本での最後の食事。好物のかつ丼で腹ごしらえ。空港なので値段だけ高くって味は期待できないかな?と思ったら思いのほか美味かった。

かつ丼

北ウイングの宅配便で自転車を受け取り、アエロメヒ航空のカウンターへ。
- 自転車:22.5Kg
- バック3個の段ボール箱:18Kg
- モンベルバック:9Kg
- 機内持込み荷物:8Kg
バック合計:35Kg

自転車の梱包箱のみ超過料金 50ドル(5500円)支払う。

経由地メキシコシティまで13時間。満席で私は一番後ろの席だった。

隣の席の若い日本人女性、真砂さんとお喋りする。彼女はメキシコで通訳の仕事をしているそうだ。メキシコが好きでスペイン語を習得し現地で就職。メキシコに進出している日本企業の通訳として活躍されており、現在はメキシコ・シティから北西 4-500Kmの距離にあるマツダの工場で働いている。

空から

メキシコ・シティの空港では私はトランジットなので、そのままロビーで待っているのかと思ったら一旦出国しなければならない。勿論、入国カードと免税品のカードを記入して預入荷物も受け取る。

荷物検査を受けたらその隣の部屋で荷物をまた預けるのだが、段ボール箱はチェックインカウンターで預けるのだと言う。丁度真砂さんがサポートしてくれた。アエロメヒコの荷物チェックイン・カウンターで3点預ける。

真砂さん、サポートいただき本当に助かりました。どうもありがとうございます。仕事の方も頑張ってください。

真砂さん

彼女と別れ、空港では無料WiFiがないのでバーに入って時間を潰す。ビールを飲みながら何か食べようとしたら、ハンバーガーがかなりデカい。店員に相談したら、子供向けハンバーガーを勧められた。これでも普通の大きさ、これにコロナビールを注文、USドルで支払う。

ハンバーガー

夕方 6時前のリマ行きの飛行機に乗り込む。

メキシコ空港で

午後11時半、ペルーのリマ空港に到着。預け入り荷物も無事到着。

リマ空港で

ロビーに行くと私の名前を書いて紙を広げていて、江田インのドライバーが待っていてくれた。車で30分ほどで江田インに到着。

江田イン

オーナーの枝光さんやご主人も出迎えてくれて紅茶をごちそうになる。深夜なのに私一人の為に起きて待っていてくれるとは。

熱いお湯が出るシャワーに入って午前2時過ぎベッドに入る。長い一日がやっと終わった。

posted by mino at 02:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 南米>Peru ペルー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月27日

荷物搬送準備

航空会社の預入荷物は2つまで無料なので、先日ホームセンターで梱包箱やテープを購入。サイドバック3個をその梱包箱に入れる。無料サイズは74x45x32cm=151cm(規定:158cm以下)、重量18Kg(規定:23Kg/個 以下) なので問題なし。

自転車荷台の上に乗せるバック1個を大きなビニール袋に入れてOK。

昨日は朝からルート号の梱包作業に取り掛かる。

ルート号

取り外した部品;
- 前輪
- 前フェンダー
- ハンドル
- サドル
- 前後キャリア
新聞紙で干渉する部分をラッピング。

分解

ヨーロッパから帰国時に使用した梱包箱にスッポリ収まった。

箱に収まる

ハンドルバックとヘルメットを入れて梱包完了。

夕方、佐川急便に引き渡す。運転手はこの辺の担当らしく

「この前帰って着たと思ったらまた出かけるんですか?」

佐川急便で

これで持っていく物は、機内持ち込み手荷物1個のみになった。
いよいよ明日成田から出発する。
posted by mino at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 準備>その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月25日

備品の準備

アンデス山脈や砂漠地帯、パタゴニア地方の過酷な自然環境にも対応できるように、夏用から冬用まで全て準備しておかねばならない。かといって、大きな荷物では移動が大変なので極力軽量コンパクトを図る必要があり、その兼ね合いで頭を悩ます。持っていくものを選ぶだけでも迷ってしまう。

今回購入した主な物をご紹介したい。

トレッキングシューズ(ノースフェイス)。トレッキング及び防寒対策用で片足 400gと非常に軽くて履きやすかった。ソールはある程度の安定感があり、ゴアテックスなので蒸れにくく、多少の雨でも大丈夫だろう。

シューズ

トレッキングパンツ(モンベル)は厚手の防寒対策用。2ウェイストレッチで履き心地は良く、撥水性や防風性もある。若干重いが裏地はウール混紡糸の起毛地で履いていて暖かい。

トレッキングパンツ

携帯浄水器(セイシェル)。野宿にも備える必要があるため安心用で購入。ろ過容量は380mlで簡単に飲める水を確保できる。

浄水器

出発まで3日、さあこれからパッキングを始めよう。

posted by mino at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 準備>装備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする