2014年06月30日

スケッチブック購入

Krakow in Poland, Jun/27(Fri)
Run: 3Km, Cumulative: 21383Km

朝からいい天気で5時には目を覚ます。1階のキッチンでトーストにバターを付け、ハムとチーズのサンドイッチ、それにキュウリとヨーグルト。

小さな町では一泊だけなのでバターは買えない。大都市のホステルでは冷蔵庫はあるし、大抵3−4日宿泊するので食材を買い揃えられる。当然食事も豪華になる。

スケッチ道具を持って9時ホステルを出る。今日は暖かく半袖でも十分。中央広場まで15分ほどの道のり。ゴシック様式の美しい聖マリア教会を描きたいが朝日で眩しいので場所を探す。織物会館内の南端通路が日陰になり角度もいい。

描き始めて4時間、ようやくでき上がった。

聖マリア教会

織物会館は以前布地の取引が行なわれていた。現在、内部の1階通路にはお土産店やアクセサリー店が並んでいる。

織物会館

s-DSC01353

中央広場の周りにはカフェ・バーが取り囲む。

中央広場のカフェ

夕方、昨日 Xia Weiさんと行ったカジミエシュ地区にまた足を運ぶ。このカートは観光用。

Kazimierz 地区

古めかしい建物は情緒がある。

Kazimierz 地区

バー

スケッチブックが残り少なくなってきたので、絵画店をホステルで聞いたところ、近くの店を教えてくれた。行ってみるとただの書店。「置いてないよ」とあっさり。次に辺りをウロウロすると額屋さんを発見。そこは額だけ取り扱っている店だった。そこで聞くと近くのギャラリアがあると言うので行ってみるが、画を売っている単なるギャラリーだった。

しょうがないので、ホステルに戻りネットで検索。 中々検索できなかったが、「Art Supplies」と入力したらクラクフの街で7−8軒出てきた。

7時近かったが、8時までやっていそう。今日は金曜日で明日は午前中のみの営業。日曜は休みなのでできるだけ早い方がいい。急いでルート号で出かける。

ホステルから1Kmちょっとの所に店はあった。

Art supplies shop

店員に聞いて、A4版サイズを数冊出してくれた。気にいったのを2冊購入しやっと落ち着いた。
posted by mino at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Europe2>Poland ポーランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月29日

クラクフを二人で散策

Myslenice → Krakow in Poland, Jun/26(Thu)
Run: 32Km, Cumulative: 21380Km

朝6時、目覚まし時計で目を覚ます。いつもは日の出の時刻の5時頃には目が覚めていた。外が暗いなーと思ってカーテンを開けたら雨が降っていた。どおりで良く寝れるはず。

昨日宿のおばさんが「朝食は何時でもいいわよ。」と言っていたので6時半にしてもらった。出てきた食事は卵3個分ほどのボリュームがあるスクランブルエッグ。それにハムとチーズも食べきれないほど出てきた。

朝食

今日は30Kmの距離だし、予約しているクラクフのホステルはチェックインが午後2時からなので部屋でゆっくりする。

天気予報では午後には回復しそう。何度と窓を開けて外の様子を見るが、小雨が降り続く。

このペンションは隣が大きな公園で庭も広い。晴れたらこういう所でのんびり過ごしたいなあー。11時、雨はようやく止み重い腰を上げスタート。

s-DSC01301

今日は寒く街中ではジャンバーを着ている人もいる。

都市クラクフまでは7号線を北へ進む。通行量が多く路肩を走っていても気が抜けない。クラクフ方向の空は幾分明るくなってきた。

7号線

バス停で休憩。雨が上がっても気温が低いのでレインウェアは着っぱなし。

バス停で休憩

午後1時半、クラクフに到着。番地を頼りに進んで行くと Hostel Atlantisは直ぐに見つかった。

Atlantis Hostel

シャワーに入った後、お腹が空いたので街に出る。

近くの小さなレストランに入る。テーブルが4つしかなく、私が食べていると一人のアジア系女性と相席になった。上品な女性だったので日本人かと思って話しかけたら、流暢な英語を話す武漢出身の中国人。武漢は私が昨年訪れた街でもあり自転車旅の話などで盛り上がる。

魏霞(Wei Xia)さん

魏霞(Wei Xia)さん

今年からUAEのドバイに住んでいて石油関係のコンサル会社に勤めている。今回の旅行は10日間で明日、友達がいるベルリンに行く。後で分かったことだが、彼女は昨年ベルリンの大学で MBAを取得している才女だった。

二人で食事が済んだ後、別に予定もないので一緒に近くの Kazimierz 地区を歩く。クラクフの街は古い建物が多く、それを利用してお洒落な作りになっている。

馬車

トラムに乗って中央広場へ向かう。私は街中は自転車で移動していたため他の乗り物はあまり使わない。チケットは電車の中にある券売機で購入する。買ったチケットを渡すわけでもなくチェックはしないがマナーだろう。

トラム内

いろいろお喋りをしながら散策するのも楽しいもので、普段一人だと中々こういう機会はない。

彼女はワールドカップのドイツ戦を見たいというので6時前に小市場広場付近で分かれる。本当に楽しかった。どうもありがとう魏霞(Wei Xia)さん!

旧市庁舎と織物会館

旧市庁舎と織物会館

ホステルの部屋はドミトリー4人部屋で12ユーロ/泊。今日は私一人だけかな?と思ったら夜中寝ている時、ウェールズから来た3人組が入ってきた。

ホステルの部屋
posted by mino at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Europe2>Poland ポーランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月28日

ポーランド入国

Trstena → Myslenice in Poland, Jun/25(Wed)
Run: 80Km, Cumulative: 21348Km

昨夜は1時間半ほど寝て10時前に起きる。テレビを点けるとギリシャとコートジボワールの選手が入場してくるところだった。いやこのチャンネルは違う。慌てて日本対コロンビアの試合を探す。

チャンネルを次々進めていっても日本の試合は出てこない。

今日は3試合目だから同じ組は同時刻開始。ここはヨーロッパだからギリシャの方が優先なんだろうなー。日本と南米なんて興味がないだろう。

結局、ネットの速報で前半1−1のところで諦め、寝ることにした。

今朝ニュースを見ると、何と1−4の大差で敗れているではないか。後半はおとなしく寝て正解だったかな。

気温15度、少し温かい朝になり9時にホテルをスタート。

ホテル

町を出ると大きな台地になる。

6Kmほど進むと国境。私が通ったスロバキアのルートは南北に 200Kmほどだったので3−4日で通過してしまう距離。ここも検問所は既に取っ払われている。

ポーランド入国

道は7号線を北に向かう。

道

スタートして 15Kmの Jablonkaでは市場が道端に広がり大勢の人で賑わっていた。

市場

早速、銀行でポーランド・ズウォティを下ろす。

標高 600mから 700m前後を上ったり下ったりを繰り返す。ポーランドの家は3−4階建てが普通のよう。屋根のこう配が急なのは冬場の積雪対策だろうか?民家はかなり大きくうらやましい。芝生も手入れされているところが多くなってきた。

住宅

午後から曇り空になり若干小雨も。半袖では肌寒い。

ドンドン下って Beskidy山脈は終わり標高 300mの Mysleniceに到着。 川に掛かるつり橋

つり橋

街中のペンションを探すが、登録した地図が間違っているのか付近には無い。人に聞いても分からないので二軒目へ。でも満室で断られてしまう。

そこで聞くと今通ってきた道沿いのホテルを教えてくれた。行ってみるとそこも満室。川向いにホテルがあると言うので行く。雨がポツリポツリ降りだしてきた。

その手前にベッドのマークが目に入る。「あ、これはペンションだ。」

ペンション

聞くとOKの返事。朝食付きで 75ズウォティ(2600円)、WiFiもあるしこれで十分。

荷物を下そうとしたら、急に大粒の雨に変わったので急いで中にしまい込む。雷が鳴ってしばらく土砂降りが続いた。

何てラッキーなんだ。空はまるで私が宿を探すのを待ってくれていたようだった。

雨は止み、近くのレストランで夕食。今回のヨーロッパ旅ではローソクの明かりは初めてかな?ロールキャベツにマッシュルームが入ったクリームソース。この香ばしいソースは絶品!

夕食
posted by mino at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Europe2>Poland ポーランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする