2014年04月04日

ルート号オーバーホール

自転車ルート号に重たい荷物満載で2万キロ近く走っているし、これからまた長旅に出るので、購入したお店Malpaso Bikeでオーバーホール(分解修理)してもらいました。前の旅の最中、色んな部品を取り替えているが、まだ取り替えていない部品があり気がかりだった。

オーバーホール

クランクセットやハブについて聞いてみたところ、クランクは現在使っている歯数44-32-22モデルは42-32-24に変更になったとの事。ハイギアとローギアのこの2はどのくらいの違いか分からないが、少なくともローギア(歯数22)がこれ以上重くなると上り坂はもっと苦しくなる。それで歯数44-32-22のチェーンリングだけ交換を依頼する。

チェーンリング

ハブを交換してもらおうと思ったところハブは単品での交換は出来ず、ホイール組み換えになるそうで、組み換えは別途工賃が必要。「よほどひどい状態でなければ、ハブ内部(ベアリング等)のクリーン&グリスアップでよいのでは?」と店長の山崎さんにアドバイスを受ける。(オーバーホール料金に含まれている)

結局、フロントホイールは問題なかったが、リアは若干の振れがあったようだ。原因は以前
スプロケットをフレームに固定しているディレーラーハンガーを壊してしまった時にスポークに当たり若干曲がったようだ。修復でOK。

世界旅をしている人のブログを見るとリムのヒビやスポーク折れなどホイール関係のトラブルがあるようだが、ルート号はまだまだ大丈夫。頑丈な部品を一点一点相談して組み立ててもらったので山崎さんもほっとされていた。

タイヤは走行距離7000kmほどなので前後入れ替えてもらう。

新たにセンタースタンドを取り付けてもらった。スタンドはずっと欲しかったけど、各ショップではルート号を見るなり、ディスクブレーキなどに干渉して取り付けられないと言われていた。スタンドが無いと停めれる場所がガードレールなどの所に限られてしまい、途中で写真を撮りたくっても撮れなかった。また右側のサイドバック側に停めるため、バッグがかなり擦れていた。後はこれの使い勝手。重たい荷物を積んだ時にどうなるかこれから試走してチェックしていく。

マスロード・センタースタンド

センタースタンド

ディレーラーハンガーは帰国後すぐ正規品に交換(今まで使用分は形が若干違うが予備品として携帯する)

山崎さんのお墨付きをもらったルート号、これからの旅も安心して続けられるぞ!

交換したバーテープとブレーキレバー

ハンドル

交換部品: バーテープ、ワイヤー類、チェーン、ブレーキレバー、ブレーキパッド、チェーンリング、
新規部品:スタンド
部品合計 ¥22269
オーバーホール代¥21000

【追記 2018/1/17】
センタースタンドについて、

ルート号(Salsa Vaya)はディスクブレーキなので、ブレーキワイヤーがチェーンステーを通っています。それで片側のスタンドは干渉し取り付けられないので、センタースタンドを購入し試しました。でもBB部後部には、スタンドを取り付ける丸穴ではなく大きな隙間だけです。なので上下から挟んでネギ止めするタイプにしました。

走行中、振動でネジが緩んでしまいました。また走っている時は自転車の揺れでガタガタ音がし、しっくりしませんでした。結局、取り付けるのを諦めました。

スタンドは写真を撮りたい時等、何処でも停められるので便利だと思いますが残念。
posted by mino at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 準備>自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月01日

新たな旅

昨年末、ユーラシア大陸横断の旅から帰国。当初はかなり疲れていて、次の旅は考えられない状態だった。

しばらく休んで疲れもすっかり取れると、また何かウズウズしてきてどこかへ行きたくなってきた。元々家ではのんびりしていれない性分だし。

昨年ドイツから送った荷物が泊まったユースホステルに戻ってきた件は、まだそのままでホステルに保管されている。高価なものではないが旅の思い出品だし、できれば取りに行きたい。ホステルに連絡を入れるとそれまで預かるとの返事。よーし、もう一度ヨーロッパに行ってみよう!

今回のルートはルーマニアから始める。北欧の方も行きたかったが、調べていたら夏場のホテルはかなり高く年金生活の私にはとても無理。出発は5月17日に決定。前回の旅を考慮し、ヨーロッパでは少し余裕をもった旅にしたい。

ヨーロッパの旅を終えると8月下旬所用で一時帰国。

9月中旬よりニューヨークに飛び、アメリカ横断の旅を続ける。12月ロサンゼルスに到着し、夏のニュージーランドヘ飛ぶ。

その後、オーストラリア・メルボルンに入り、東海岸を北上、4月ケアンズにゴール予定。


訪問国:
ロシア(トランジット)→ ルーマニア → ブルガリア → セルビア → ハンガリー → スロバキア → ポーランド → チェコ → ドイツ → オランダ → ベルギー → フランス → イギリス → 日本(一時帰国)、アメリカ → ニュージーランド → オーストラリア

カザフスタンで
カザフスタン
posted by mino at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 準備>ルート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする