2013年10月31日

今日は1時間長し

Cogolin → Sanary-sur-Mer in France, Oct/27(Sun)
Run: 78Km, Cumulative: 16,880Km

昨日でサマータイムが終わり、今朝から通常の時間に戻った。テレビを付けて確認し、時計を 1時間前に戻す。朝はいつもの時間に目が覚めてしまった。

8時にホテルをスタート。昨日までだったら9時の時刻。

ホテル

今日は曇り空だが蒸し暑い。ウインドブレーカーからベストになる。内陸の道を進んでいく。

山あいの道

ぶどう畑がありワインも作っているようだ。ワインの看板を目にする。

ぶどう畑

雨がパラパラ落ちてきたが、やがて止んだ。

少しずつ上って22Km地点、標高200m弱の峠を越えるとトゥーロンまで38Km。

峠の頂上

急な下り坂になっていく。ガードレールが余りないのでスピードを出すと怖い。

自転車道を走る。

自転車道

トゥーロンまで来ると天気は回復してきた。海沿いの道にでると、港には大きな船が停泊していた。

大きな船

トゥーロン

最初の予定では、このトゥーロンが目的地だったが、明日はマルセイユに行くので調べていたら、若干山道になりそう。今日の内に少しでも先に進んでおこうと次の町を目指す。

トゥーロンから10Kmほど進んだ小さな海沿いの町、サナリーに2時前に到着。

Sanary-sur-Mer

ウインドサーフィンの試合だったようだが、風がなく中止になったのかな? 替りにアトラクションをやっていたが、いまいちだったな。

海辺

浜辺に可愛らしい二つ星のホテルがあったので、今日はこのホテルに泊まる。

ホテル

浜辺のレストランでビールを飲んだら、疲れてたのか夕方寝てしまった。

夕食は近くのレストランへ。ビーフステーキを頼んだら、でっかいステーキが出てきた。こんなでかいステーキは久しぶり!

夕食

その後、レストランの店員と話していたら40度のアルコールをご馳走になった。フランス北部産のものらしい。フルーティで旨い。どうもありがとう!

今日は1時間余分にあったのでのんびりできた。

2013年10月30日

コート・ダジュールの海岸線

Cannes → Cogolin in France, Oct/26(Sat)
Run: 77Km, Cumulative: 16,802Km

今朝の日の出は7時59分、気温16度。今日で夏時間が終わり、明日から1時間遅くなる。

ホテルの隣がバーになっていて、出発支度している時、お客さんや店の人としばし歓談。右端の男性はホテルのオーナーで色々親切にしてくれた。

カンヌ

カンヌの港には豪華なクリーザーや大きなヨットが停泊していた。

カンヌ

走っていると暑くなり、ウインドブレーカーからベストになる。

海

海岸線を南西に進む。若干の起伏にとび、車も少なく道は曲がりくねっていて、サイクリストにとっては絶好のトレーニングコースなのだろう。多くの人が私を追い越していく。 追い越しざま ”ボンジュール”と声がかかる。殆どがロードレーサーで凄いスピードで通り抜けていく。

サイクリスト

風景

気温は26度まで上がって風もなく暑いくらいだ。

海辺の道

海辺の道

コート・ダジュールの海岸線 D559号線は何と綺麗なことか。これが有料じゃなく無料なのだからありがたい。お金を出しても十分元が取れるくらいだ。

道

陸橋

目的地コゴリンまでもう少しの距離

標識

小さな内陸の町、コゴリンに到着。三ツ星のホテルがあったので値段を聞くと朝食無しで 72ユーロ。町が小さいので少しは安いかなと思ったが高い。近くの少し古びたホテルは 50ユーロ(朝食無し)だったのでチェックイン。

部屋にはバスタブが付いていた。バスタブは段差があって腰掛けて入るようなタイプ。じっくり温まり、疲れた足をマッサージ。久しぶりのお風呂は何て気持ちがいいんだろう!

バスタブ

2013年10月29日

小さな国モナコ

Menton → Cannes in France, Oct/25(Fri)
Run: 67Km, Cumulative: 16,725Km

ホテルの朝食は小さなパン3個にコーヒーとジュース一杯だったので少し物足りなかった。二つ星ホテルで値段が安かったからしょうがないか。でも350ccの缶コーラが2ユーロもする。フランスに入ってまた物価が高くなったようだ。

ホテル

マントンを出て10Kmほど行くと海岸線の長さ4Kmほどの小さな国モナコに入っていく。モナコと言えば、カジノやF1グランプリ、モンテカルロラリーなどが有名だ。

曲がりくねった急な坂を下り、トンネルを幾つか潜っていく。交差点に来ると道が曲がりくねっているのでどの道を進んでいいか分からなくなる。この一般道でF1グランプリが開催されているのか。でもマンホールの蓋などがあって少しデコボコしているが、大丈夫なんだろうか?

モナコ

何度かGPSを見てようやく丘の上のモナコ宮殿に辿り着く。

モナコの宮殿

この宮殿を見ると、どうしてもグレース・ケリー公妃を思い出してしまう。アメリカの女優だった時、映画祭で知り合ったモナコ大公と結婚。女優から公妃へと転身する。優雅な生活を送っていたかと思われたが、52歳の時、交通事故で亡くなっている。

狭い国土に高いビルが密集している。所得税がないこのモナコ。世界の富豪がこの街に住んでるんだろうなあ。

モナコ

モナコを抜け、海岸線を上ったり下ったり。

トンネル

この辺は何処も景色が綺麗で海の色も透き通っている。何て綺麗なんだろう。

綺麗な海

途中スーパーでパンとバナナを買って昼食。パンはまだ温もりがあって美味しかった。 

海沿いの都市ニースへ、ようこそ。

看板

騎馬

ニース

海岸線の歩道は広く横に自転車道が整備されていた。

自転車道

この辺は小さな町もリゾート地のようだ。気温24度で寒くはないが泳いでいる人もいる。

海水浴

カンヌ国際映画祭の都市、カンヌに到着。

カンヌ

最近はピザかパスタ類が殆どなので、中華レストランを見つけるとツイツイ入ってしまう。でも値段の割にはいまいちだった。