2013年08月25日

イスタンブール到着

Gebze → Istanbul in Turkey, Aug/21(Wed)
ホテルの前にルート号を置いて出かけようとしたら、空気が抜けている!
直ぐにチューブを交換し、荷物を乗せ、さあ行くぞ、あれれ?また空気が抜けている。

ホテル

こりゃタイヤが完全に寿命だな。ルート号は ”もう限界” と出かける前に手を上げて私に知らせているのかな?

新しいタイヤを購入しようとホテルで自転車店の場所を聞く。2Kmほどの所にあるらしい。

荷物をホテルに預け、ルート号を押していく。その辺りに行くが見当たらない。
GSで聞いてみると、ショッピングモールにあると言われる。そのモールは泊まっていたホテルの反対側だ。また来た道を引き返す。今日も朝からかなり暑い。

モールの入口で荷物検査の係員に聞くとこのモールには自転車店は無いと言う。どこかないか尋ねると、紙に書いてくれた。何度か聞いてその場所に行くと、スポーツジムではないか?彼は何を勘違いしたのだろうか。

ジムでトレーニングをしていた男性が ”私が連れてってあげる”と一緒に行く。

ジムのお兄さん

しばらく歩いて着いた所は、修理屋のような店だったが、店は閉まっていた。

仕方なくタクシーにルート号を積んで、一旦ホテルに戻る。ホテルの人に再度調べてもらう。どうも先ほどの場所に近いが少し離れている。ここで間違いないとタブレットの地図で確かめる。

行った店はオートバイや自転車の修理屋さんだった。私は新しいタイヤでないとダメと何度か説明したが、タイヤのバリを見て ”この程度なら問題ない”と言う。店員がタイヤをチェックしていると、1cm位のワイヤーが貫通していた。 ”これだ!”私はてっきりまたリム側のパンクと思い込んでしまっていた。ついでにシフトワイヤーの調整もしてくれたが、無料でやってくれた。どうもありがとう!

パンク修理

直った時には昼を過ぎていて、メーターを見ると約10Kmを歩き回ったことになる。昼食を取って午後1時出発。

広い道をイスタンブールへ向けて走る。

イスタンブールへ

やがてイスタンブールに到着。ボスポラス大橋に辿りつには、曲がりくねった迷路のような道を進まなければならない。前もって調べていたルートを少しそれていた。タブレットのGPSで地図を確認しながら進む。

迷路のような道

やっと着いたが大橋の手前で警察に停められる。この橋は渡れないと言う。引き返して別のルートを進む。

先ほどより大橋に近づいた。サー渡るぞとしたら、また別のパトカーに停められる。”自転車では渡れない”とまた言われた。 ”では歩道を歩いていい?”と聞くと、”それも駄目”

警官は ”バスに乗りなさい”と言うのでしばらく待つ。既に警察の車3台に取り囲まれていた。

警官に説明して、 ”ここで写真を撮りたかったんだ”と言うと ”海峡の風景はOKだが、大橋の写真はNO!”

お願いしたら写真を撮ってくれた。

ボスポラス大橋の入口にて

警官は大橋をバックに好意で撮ってくれた。ここでアジア大陸横断終了!

ボスポラス大橋

警察は2階建てのバスを停め、バスの運転手に事情を説明し、私とルート号をそのまま乗せてくれた。

大橋はバスで移動

ボスポラス大橋(別名ボアジチ大橋 (Boğaziçi Köprüsü) )を渡り、バスを降りる。運転手にお金を払おうとしたら、お金はいらないと言われる。警察官の手助けやバスの運転手に感謝する。どうもすみませんでした。

ガラタ橋を渡って、旧市街のホテル街に到着。何軒か満室で断られ、比較的安いホテルにチェックイン。エアコンが壊れているからと、100リラを70リラ(3640円)にしてくれた。

今日はお祝いなので牛ステーキとビールで乾杯!

夕食

部屋のエアコンは最初は動かなかったが、その後問題なく使えた、ラッキー。

走行距離:73Km 計:12,728Km