2013年08月06日

パンクに悩まされる

Ordu → Unye in Turkey Aug/02(Fri)
今日もいい天気で朝から暑い。最近やっと夏らしい天気が続いてきた。

Ordu のホテル

街道沿いの露店では海藻を売っているのかな?店のお兄さんが、ふさふさした皮を剥くと、どんぐりか栗のような形の木の実が出てくる。一つ食べてみると、やっぱり木の実の味。ま、いけるかな?

木の実を売るお兄ちゃん

海を離れ山道に進んでいく。100Mほど上ったかな。何か後ろがフワフワする感じ。見ると空気が抜けている。2日前に空気を入れたがあまり入れ過ぎてもパンクするんかなあ?

パンク

チューブ交換を終わると、隣に止まったトラックの運転手が ”チャイを飲んで行きなよ。” と声を掛けられた。後ろのライトの電池交換などもして結構時間を使っているので、折角だがチャイは遠慮して先に進む。

トラックの運転手

トンネルを幾つか越える。長いトンネルは3.8Kmもあった。トンネル内は明るいので安心。

トンネル

山間部を下っていく。

道

海沿いの町、ファスタに出て昼食。肉はミンチ肉が多い。飲み物は薄いヨーグルト味。

昼食

食事が終わって、さあ出発とルート号を見ると、後輪の空気がペチャンコ。あれー?またパンク?

パンク

念入りにタイヤをチェック。でも小さなワイヤーが一本刺さっていたが、これでパンクするとは思えない。

チューブ交換をして出発。途中、気になって何度か後輪を見るが問題ない。

ユンエのホテルに着いて、パンクしたチューブを見る。1回目のチューブは全く問題なかった。単なる空気抜けだったようだ。2回目のチューブはリム側に穴が開いていた。リムの内側は1回目のパンク時に見ているので問題はなかったはずだが。前回もリム側がパンクしたのでそのチューブと比べてみたが、10cmほどズレていた。

タイヤのスペックでは空気圧は3.5-5.0 BARだが、この前と今日は5.1BAR入れたので、それが原因だろうか?

走行距離:63Km 計:11,337Km