2013年07月13日

単調な道を西へ

イェブラフ → ギャンジャ Azerbaijan Jul/09(Tue)
昨夜は蚊に刺されて蚊取り線香をつけた。この中央アジアは乾燥していているためか蚊を見かけなかったが、アゼルバイジャンのバクーで食事している時、刺された。湿度があるからだろうか?

ホテルの支配人と。一見クールそうな感じだが、昨日も私の事を色々気遣ってくれた。どうもありがとう。

ホテルの支配人と

道路は片側2車線で路面もいい。ほぼフラットな道が続く。

いい道

商店で。MARKETと書いてあるので直ぐ分かる。

商店

道

昼食。米ではないが昨日もスープの中に入っていたものだ。炒め物の上に乗った肉の角切りがカレー味のようで美味い。トマトやきゅうりのサラダにはドレッシングはかけず塩をかけるのが一般的のよう。

昼食

自転車で走っていると、人の大きな掛け声が聞こえてくる。必ず手招きしてこっちへ来いよと言っているようだ。

通りすがりの車からもクラクションと共に手を振ってくれる。元気がでて有難いが必死で漕いでいる時は余裕が無く答えられない。自転車を止めると直ぐ人が寄ってきて話しかけてくれる。アゼルバイジャンンの人は陽気な人が多い。

今日はそれ程暑くなく、風も若干あって涼しい。

ギャンジャへ

アゼルバイジャン第2の都市、ギャンジャに到着しホテルも見つかった。大きな建物で格調の高そうな感じだった。でも料金はそれ程でもなかった。

ギャンジャのホテル

この宴会場はまた立派。この部屋の隅にルート号を置かせてもらった。

ギャンジャのホテル

最初4階の部屋だったが、重そうな荷物を見て2階の部屋に変更してくれる。

今日7月9日からイスラム教のラマダンの期間になるが、このアゼルバイジャンはそれほど厳格ではないようだ。アルコールも問題ないし、今までよく見かけたモスクも少ない。

走行距離:70Km 計:10,276Km