2013年07月12日

水をかぶりながら進む

ギョイチャイ → イェブラフ Azerbaijan Jul/08(Mon)
このアゼルバイジャンは西のアルメニアとの間で、以前、ナゴルノ・カラバフ紛争を起こしており未だに解決していない。両国は宗教上の違い(アゼルバイジャンはイスラム教、アルメニアはキリスト教)もあり仲が悪く、アゼルバイジャンからアルメニアに行くことはできず、グルジアを経由して入らなければならない。またアルメニアはトルコとの関係も悪く、陸路でアルメニアからトルコに行くことはできない。

今後、アゼルバイジャンの後、グルジアに入りトルコへ進む道を通るだろう。お隣の国同士なのに仲が悪いとはどこかの国のようで困ったものだ。

ルート号が一昨日からスプロケットのかみ合いが悪くなり、シフトレバーを調整しているが、どうもうまくいかない。出かける前に念入りに調整する。

9時過ぎスタート。道は昨日に引き続いて工事中が多く迂回路を通る。舗装されてない道で車が通ると土埃を巻き上げていく。

悪路

嫌と言うほど埃にまみれる。

土埃

途中、ポリ容器に水を入れている人がいたので立ち寄る。地下水だろうか、水が勢いよく出ていた。水は冷たく顔を洗うとスッキリする。バンダナを濡らして被ると最高!ネックゲーターも濡らして巻きつける。

地下水?

真夏の太陽は容赦なく真上から差してくる。日陰もない一本道を進むと、次第に頭がボーっとしてくる。たまにある木陰で水をがぶ飲み、頭にも掛ける。しばらく休憩しては次のポイントへ。

道

イェブラフ方向

ガソリンスタンドで休憩。カフェと書いてあったので、チャイだけかな?と思ったらお客さんが食事をしていた。その食事を指差して ”これ頂戴!”

美味しそうなハンバーグに卵焼き、スープ、サラダにチャイ。このような食事もあったんだ。卵焼きがうまい!スープには米のようなものが入っている。昨日はあまり食べてないのでガッツク。久しぶりに美味しい食事にありつく。3マナト(380円)よーし、これで夏バテ解消だ。

昼食

今日は距離が短いので、休憩時間を長く取る。エアコンが効いている部屋で、首筋を冷蔵庫から出した冷たいペットボトルで冷やす。しばらく冷やしていたら、店の人が別の冷えた物と交換してくれた。どうもありがとう!

平坦な道は南へ向きを変える。

日陰が無い真っ平らな道

やっとあった店でアイスクリーム。息をハアハアしていたのが分かったのか店の人が椅子を持ってきてくれた。エアコンが入っている店でしばし休憩。

3時半、イェブラフのホテルに着いてエアコンで身体を冷やす。気温は38度になっていた。
埃にまみれて汗ばんだ服を全て洗濯、部屋中に吊り下げる。

洗濯物

走行距離:65Km 計:10,206Km