2013年07月08日

アゼルバイジャン・バクーへ

タシケント → バクー Azerbaijan Jul/04(Thu)
今日はバクーへの移動日。荷物をできるだけ軽くしたい、水やお菓子などを持ってないのでかなりコンパクトになった。機内持ち込み用のバック(1個)には重たい物を詰め込む。

10時過ぎ、ホテルから自転車で空港へ向かう。今日も天気は曇り空で気持ちいい涼しさ。

タシケントのホテル

ゆっくり走って20分程で到着。

チェックインしようとしたら、ビジネスクラスは別のカウンターで奥の方にVIPのチェックイン・カウンターがあった。

預け入れ荷物25Kg、自転車16Kgの計41Kg。ビジネスクラスは30Kgまでなので10Kgオーバー。ビジネスクラスなので許してくれるかな?と思ったが、係りの女性は規則だからと一貫して引かない。結局33ドル支払う。

自転車は当初梱包がないと保証できないのでダメと言っていたが、別の人に聞いたら、ハンドルを90度曲げ、ペダルを外してOKとの事。係りの人が手伝ってくれて、テープでハンドルやクランク、車輪を固定して完了。

VIPサロンで待つ。中には飲み物やパン、果物等があってフリー。丁度昼時、お腹も空いたので少し頂く。

トイレに入って流そうとしたらボタンが無い!どれかなーと思って背中の大きな板を押してみたら、水が出てきた。これはでかすぎじゃない?

トイレのボタン

機内食。この他に魚のフライ、ポテトなどもでてくる。

機内食

4時過ぎ、2時間30分ほどで、アゼルバイジャンのヘイダル・アリエフ国際空港に到着。
私の自転車はベルトコンベアーに乗って出てきた。

空港の両替所でドルをマナトへ両替え。

バクー市内へは大きな荷物なのでタクシーを探すと、運転手が声を掛けて来た。車はヒュンダイのスポーツワゴンでまだ新しい。荷物を詰め込む時、値段を聞くと50マナト。私は20マナトと引かなかったらドンドン下げてきた。結局25マナトで了解。ところが車に乗ってからも再び40だと言い出す。このー!

バクー空港からタクシーで

目的地の旧市街に着き、40だと何度も言うので25に5追加して30マナト支払う。自転車を積み込む時、服も汚れたと言っているので、まー仕方ないか?

城壁に囲まれた旧市街。急な坂を自転車を押して上る。

バクー市街

城壁の中に入り、目的のホテルにようやく辿り着く。

ホテル前

バクーではタクシーに乗る時、料金を交渉するのが殆ど。でもこの丸みを帯びたロンドン・タクシーはメーター制で可愛らしい。

ロンドン・タクシー

夕暮れ時

夕暮れ

走行距離:7Km 計:9923Km