2013年06月30日

ウズベキスタン入国

シムケント → タシケント Uzbekistan Jun/26(Wed)
暑さ対策で朝4時起床。朝食を済ませ5時半、日の出前にスタート。

ホテルをスタート

上り坂に差しかかる。

道

道路沿いの店で休憩。白っぽい色をした飲み物でクージュエと言う。クムス(馬乳酒)とも違い、キルギスのショロのようで、ちょっと酸っぱいヨーグルトのような飲み物。ショロはメーカーなのでひょっとしたら、同じ飲み物かも知れない。

店のおばさん

クージュエ

レトロなジープ

レトロな車

今日は雲が若干あり、日差しはさほどきつくない。

休憩

ロバを引くおじさんが声をかけてきた。荷台には水の入った樽を乗せていて、いらないかと言う。 

ロバを引くおじさん

昼近くになると雲はなくなり、いつもの強い日差しになる。

昼食のスープにナン、甘いチャイをいただく。砂糖をいっぱい入れたチャイを大量に飲むと汗が吹き出してくる。

昼過ぎ、カザフスタン国境に到着。

カザフスタン側の国境

出国は直ぐ終了。

続いて、ウズベキスタン入国。所持品申請では、英語表記がなく躊躇していると、通関員が女性を連れて来て書き方を説明してくれる。

その申請書を通関員に差し出すと頭をかしげて、自分で新たに書き始めた。私は申し訳ないとタダ見ているほかなかった。かなり時間をかけてようやく入国手続きを終える。

ウズベクに入ると道は綺麗な舗装路になって走り易い。少しずつ下って標高500Mのタシケントに到着、暑い。

s-DSCN3868

目的のホテルも直ぐ見つかった。

タシケントのホテル到着

チュックインが済んで部屋にいると、先ほどのフロントの人がにパスポートを返しに来た。彼は小声でウズベキスタン・スムに両替えすると囁く。

銀行では正規のルートが2100スム/ドル。街の闇両替えが2600-2500スム/ドル。彼は2400/ドルで行うと言う。闇はリスクが伴うとも言う。確かにリスクはあるだろう。大量の札束を数えなければならないためだ。
 
結局、彼も闇両替えだろうがお願いする。200ドルを両替えした札束を数えるのに30分以上は掛かった。

ウズベキスタンに入り、時計は1時間長くなり、日本との時差は4時間になった。

走行距離:128Km 計:9,916Km


2013年06月29日

今日は休息

シムケント Kazakhstan Jun/25(Tue)
ウズベキスタンの首都タシケントまで後125Kmとなったが、このところ暑さのため身体の疲れが中々取れない。急ぐ旅ではないので、今日は休憩日にする。

ホテルの部屋から

朝日

この部屋は滞在型なのだろう。ベットルームの他にもう一部屋、リビングルームがあり、自炊もできるようになっている。私にはあまりにも贅沢な部屋だった。

ホテルの部屋

昨日の時点で、今日は予約客で泊まれないと聞いていたので、隣のホテルに移る。12000テンゲ(7700円)から8900テンゲ(5700円)になった。WiFiの入りはこちらの方がいい。

右の高いホテルから中央の低いホテルに移動。

ホテル

昼頃、街に出かける。このシムケントは坂道が多い。

新しそうなショッピングストア

ショッピングストア

中にはアイススケート場があった。見てるだけで涼しそう。

スケート場

今日もうだるような暑さ。大きなチューリップの噴水の周りで水遊び。

噴水で水遊び

元気な子供たち

子供達

トウモロコシ売り

トウモロコシ売り

小さなレストランで昼食

小さなレストラン

走行距離:4Km 計:9,788Km

2013年06月28日

シムケントで滞在登録

トゥラーキート → シムケント Kazakhstan Jun/24(Mon)
気温20度、朝6時出発。

ホテル

道はアップダウンを繰り返す。一旦下るとまた50〜100M程上る。結構しんどい。今日は距離は短いがシムケントで滞在登録をしなければならないので、できるだけ早い時間に着いておきたい。

アップダウン

道はデコボコで一向に良くならない。まるで振動試験でもしているようだ。

風景

今日も暑い。シムケント入口のガソリンスタンドに立ち寄る。

シムケント入口

中はエアコンが効いていて、かなり冷えた風が出ている。傍で身体を冷やしながらアイスを食べる。ついでにコーラも。 

11時過ぎ、シムケントに到着。
一軒目のホテルは高すぎて隣の二軒目へ。ここも少し高いがしょうがないか。
滞在登録をホテルでできるか聞くと今日は無理で明日になると言う。明日では入国日から6日目になるので、どうしても今日中にしなければならない。

では自分で警察署に行ってみよう。

シムケント

2時過ぎ、タクシーで警察署に行くと午後は3時からだった。近くの店でアイスを食べるが直ぐ解けて手はベトベト。木陰で帽子を被っていても暑い。気温は39度になっていた。

3時、警察署の中に入り、係りの人にパスポートを見せると、私の泊まっているまホテルに電話をしてくれた。”ホテルで証明書を作って来てくれ。”
ムー、ホテルは知らなかったのだろうか? 

一旦引き返し、ホテルで滞在証明書を作ってもらう。場所が分かったので今度は自転車で。
滞在証明書とパスポートを渡し、しばらく待つと ”5時にここに来てくれ。”えー?また50分も待たされる。

エアコンが効いている廊下の椅子に座っていると眠くなってくる。ウトウトしながら時間が経つのを待つ。

5時過ぎ、やっとパスポートを受け取った。たったこれだけで半日を要した。

走行距離:81Km 計:9,784Km