2013年04月13日

毛布でぐるぐる巻き

蘭州 (LanZhou) → 永登 (YongDeng) 4/11 (木)
標高1400M、朝の気温5度。蘭州は南北を山に囲まれていて帯状に長くなっていて、昔はシルクロードの交通、商業の要所になっていたそうだ。

黄河沿いの浜河路を通っていく。この道は黄河外灘と呼ばれているそうで市民の憩いの場所になっている。この黄河は中国で長江に次ぐ2番目の長さで西のチベットの方から東へと流れていく。

黄河

中山橋は1907年にドイツに依頼して作られている名所の一つ。

中山橋

西遊記の像

西遊記

黄河母親の像

黄河母親彫刻

黄河沿いの道を西へ進む。

黄河沿い

昼食は牛肉拉麺で店の人たちと

牛肉拉麺店にて

昼食を食べて自転車に乗ろうとした時、一人のサイクリストが私に声をかけて横を通っていく。

45Km先で黄河を渡り、312号線は右に折れる。真っ直ぐは青海湖の方に行く道になる。

分かれ道

分かれ道から徐々に緩やかな坂を上っていっているが、それほど気にはならない。

上り坂

しばらく走ったら、先ほどのサイクリストが休憩していたので、一緒に走り出す。彼は社会人で、春休みを取って西安からこの先の酒泉まで行くそうだ。去年ラサまで行っている。私も行ってみたい所の一つである。しばらく走った後、彼は昼食を取るために休憩。私は先に行くことにした。

サイクリスト

遠くの山並みがずーっと先まで続いていく。

風景

途中休憩していたら、おじさんが興味深そうに近づいてきた。

おじさん

ある村にて

村にて

長い時間をかけて徐々に上り4時前に永登に到着、標高は2000M近くになっていた。ホテルは室内を改装中だったがその奥の部屋へ。エアコンはなく、この暖房があるからと言われたがスイッチがない。きっと夜にはスイッチが入るんだろうと思って待ったが、いつまでも入らない。フロントは別の人がいて聞いたら、 ”ご飯を食べれば暖かくなるわよ”。えー、暖房なし? 

夕食

夕食

部屋にあった毛布2枚を腰と体にぐるぐる巻きにして過ごす。宿代80元なので我慢我慢かー。

走行距離:116Km 計:5,591Km


posted by mino at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ユーラシア>China 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする