2013年04月06日

ホテルを追い出される

長武 (ChangWu) → 平涼 (PingLiang) 4/04 (木)
標高1200Mなので寒いかなと思って初めて長袖シャツを着込んでスタート。

ホテルを出発

だけど全く寒くない。すぐ脱いでいつもの姿へ。曇り空の中、国道312号線を少しずつ上っていく。

蘭州まで435Km

国道312号線

甘粛省に入りました。

甘粛省に入る

あれー?屋根しか見えない家を発見。近寄ってみると、地面の周りに1M程の高さの塀を作ってその下に家がある。これも洞窟があるのかな?

家

20Km地点の高平鎮を過ぎると標高1400M、急な下り坂が始まる。

急な下り

グーグルマップで下調べしていた時は道がくねくねしているので逆に上り坂と思っていたのでラッキー。今日も険しい大地の渓谷が見えてくる。

景色

景色

かなり急勾配なので一気に下ると寒いのでブレーキをかけてスピードを落とす。7Kmほど下り終える。

昨日見た洞窟の前におじいちゃんがいたので寄ってみる。

おじいちゃん

お願いして洞窟の中を見せてもらった。ベッドや炊事道具が置かれており、ちゃんとした部屋になっていた。やっぱりそうだった。この洞窟はひとつの部屋として使っていた。この辺は寒いし、粘土質の台地を削って中で生活していたんだろう。

洞窟内

やがてまた道を間違えたかと思うぐらい狭い道になった。これも国道312号線でほぼフラットな道になった。

これも国道312号線

50Km地点の泾川县で昼食。街を出ると雨が降り出してきた。天気予報ではにわか雨となってたが、本降りの雨になりカッパを着る。

雨

雨だけでなく向かい風で自転車が思うように進まない。これじゃまだ70Kmほどもある目的地、平涼市まで行けないかな?急に不安にかられ、さっきの泾川まで戻ろうかなー。何度か立ち止まっては戻ろうかなと弱気になる。その度にいや、もう少し行ってみようか。平涼までの残す距離は徐々に短くなっているはずだ。

雨は2時間ほどしてようやく止んだのでGSで休憩。

休憩

途中の村でサイクリストの二人に会い昼食を一緒にとる。彼らは中国人で去年後半から中国を一周しているようだ。2万4000km走破が目標らしい、すごい!彼は去年退職して55歳。若い女性の方は娘さんなのか聞くのを忘れてしまった。お金を払おうとしたら、既に払ってくれていた。どうもご馳走になりました。早く平涼に着きたかったので彼らに別れを告げ、先に出かける。中国内ではたまにバックを後ろのみに積んだサイクリストを見かけるが殆ど複数の人で走っている。

中国のサイクリスト

平涼目指してひたすら漕ぐ。

国道312号線

田園風景

ようやく4時過ぎ平涼のホテルに到着。チェックインし、自転車や濡れた物を洗濯。2時間ほどしてドアのノック音で出てみると、若いマネージャーと先ほどのフロントの女性が現れ、”このホテルには外国人は泊まれない。”と言われた。えー?中国の西の方では良く聞く話だが、”今日は雨の中120Kmも走って大変疲れているから”と断ったがどうしてもできないと言われる。

仕方なく別の大酒店に案内されてチェックイン。フロントが外国人登録に必要な書類を書くのに30分もかかる。既に7時半ごろ、ようやく部屋に入る。

走行距離:120Km  計:5,123Km
posted by mino at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ユーラシア>China 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする