2013年04月19日

ひときわ冴えるポプラ並木

張掖 (ZhangYe) → 南花鎮 (NanHuaZhen) 4/17 (水)
気温8度、標高1500Mの張掖を8時スタート。今日は少し暖かい。

張掖のホテル

小さいが湿地帯があった。

湿地帯

殆どフラットな道で快調に飛ばせる。

道

河原に川が流れている。最近、河原はあっても川がなく干上がっていた。

川

また風が出てきた。向かい風だが強くならないようにと願う。

向かい風

幸いそれほど強くならない。

临泽の街。入り口の東側は整備されていてお洒落な街になっている。

临泽县の街

そこで包子(バオズ)を久しぶりに食べる。

包子

上海から2700Km地点

上海から2700Km

高台33Km

列車が西へ進む

列車

今日は向こうの山がスッキリ見える。

風景

車も少なく真っ直ぐな道

道

沼が現れた。

沼

枯れている木もあるため水は貴重なのだろう。

枯れ木?

その中でポプラの新緑がひときわ冴える。ポプラは水がなくっても育つんだろうなあ。

ポプラ

新緑のポプラ

国道312号線沿いの高台県南花鎮に到着。国道から北に数キロ離れた所に高台県があるが、ここでもいいだろうとホテルを探していたら三軒目に綺麗なホテルが角にあった。バス発着所の上がホテルになっている。

高台县南花鎮のホテル

今まで大きな市か、それより小さい県に泊まっていたが、今日初めて鎮に泊まる。
これから西に進むに従い砂漠地帯になれば、街も少なくなるし、距離も長くなってくるだろう。

午後から風向きが変わりやがて強風になる。遠くに見えていた山は砂埃が舞い上がって見えなくなり、近くの建物も見通しが悪くなる。村一帯が砂嵐に包まれる。

走行距離:78Km 計:6,094Km



posted by mino at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ユーラシア>China 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月18日

穏やかな日

山丹 (ShanDan) → 張掖 (ZhangYe) 4/16 (火)
気温8度、8時スタート。万里の長城は山丹の街の中にもある。

万里の長城

天気はいいが少しか霞んでいる。昨日までの風で舞い上がった土埃なのだろうか?

霞んでいる

今日の道は昨日と打って変わって最高によくスピードに乗る。ラッキーなことに風も全くなくペダルが軽い。

いい道

万里の長城が左手に点在している。風化のためか下の部分がえぐられているのかな?見ているだけで楽しい。

万里の長城

万里の長城

走っていてかなり暖かく途中からベストになる。

花

民家

民家

いい道は続く。

道

順調に進んで標高1800Mの山丹から若干下って、標高1500Mの張掖に昼前に到着。

張掖に入る

市の中心部にある鎮遠楼は1507年に建てられている。

鎮遠楼

ホテルにチェックイン後、半袖で昼食に出かける。砂鍋と、たまには昼からビールもいいもんだ。

昼食、砂鍋にビール

時間がたっぷりあるので、衣類の洗濯後、昼寝でリラックス。

夕方、鎮遠楼から南400Mの所にある大佛寺に出かける。この大佛寺はマルコポーロも見たと東方見聞録に書いてあるそうだ。1098年に造られていて、寝ている大きな大佛は35Mもある。

大佛寺

室内の大佛では中国最大。室内は撮影禁止なので外から撮影。

大佛寺

大佛寺

走行距離:63Km 計:6,016Km
posted by mino at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ユーラシア>China 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月17日

パトカーに止められる

永昌 (YongChang) → 山丹 (ShanDan) 4/15 (月)
気温5度、晴れ、標高1900Mの永昌を7時にスタート。でもそれほど寒くはない。

朝日

右手方向には山も見えてきた。高速道路を渡る。

高速道路

スタートしてから少しずつ上っていく。風の事を考えて早めに宿を出たのに今日も向かい風で、そよ風から9時を過ぎると強くなってきた。

風景

羊飼いのおじさん。こんな荒れた土地でも所々で羊を放牧している。

羊飼い

高速の入口付近の道路で、分かれ道になっていた。いい方の道を進んだら省道の標識が目に入る。あれー、また間違ったかな?と直ぐ引き返して、GSで聞いたら悪くって狭い方が国道312号線だった。

道を間違う

向かい風の中、悪い道を上っていく。上海から2500Km地点。

2500Km地点

舗装されてない所もある。

悪路

村も殆どなくなり、たった一軒あった商店に入る。

商店

店の中ではおじいさん達がトランプのような賭けごとをやっていた。

村の商店にて

カップラーメンを食べて休憩。11時過ぎなのに、まだ40Kmしか進んでない。

カップ麺

きつい上りが続く。

続く上り坂

上り坂

頂上付近に風車地帯があった。やっぱりこの辺は風が強いんだろう。

風車

スタートして53Km、標高2500M。やっと大地の頂上付近にさしかかる。車もほとんど通らず、道の真ん中で休憩。

休憩

やがて徐々に下り坂。昨日は風で目が痛くなったのでサングラスを掛ける。

下り坂

荒れた国道は直ぐに舗装が途切れるのでその都度、スピードを落とす。向かい風は一向に止まない。

20km近く下った村で、二回目のカップラーメン。既に2時半になっていた。まだ目的地迄40Kmもある。この風の中、到着は6時ごろになるかな?

国道を進んで行くと、やがて狭い所にでて、その近くに万里の長城があった。

万里の長城

高速道路に入ったが、これが312号線の迂回路なんだろうか?おかしいなと思いながら逆方向の路肩を進む。山丹まで18Km。何か言われるまでこのまま進もう。

高速道路に入る

途中、向こうの車線からパトカーがスピーカーで何やら声を掛けてきた。

私は止まってパトカーに向け、大きな声と指で "サン、イー、アール、メイヨウ”と言うと警察官は向こうを指差す。やがて若い警察官が二人、車を降りてこちらに近づいてきた。やばいかな?と思ったが、私が国道312号線が見当たらなくなり、そのまま進んだらこの高速になったことを説明したら理解してくれた。”この先に途切れている所があるから、そこを横断して順方向の車線に入りなさい。”と言われる。言われるまま、その箇所から無事に入ってそのまま走ると、やがてパトカーは立ち去って行った。ハー、やれやれ。これで警察のお墨付きをもらったことになり、堂々とこの高速を走れる。

平坦ないい道を順調に進む。向かい風は少し弱まったような気がする。

やっと山丹東で高速を降り、国道にまた入った。これで少しは時間を短縮できたかな。

高速を降りて国道

夕方5時半、標高1800Mの山丹のホテルに到着。今日も向かい風のなか疲れ果ててしまった。

走行距離:107Km 計:5,953Km
posted by mino at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ユーラシア>China 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする