2013年02月10日

ありがとう!谢先生

南晓 NanXiao → 南宁 NanNing

昨夜、方々で爆竹が鳴っていたが私は爆睡だった。しかし、けたたましい音で目を覚ます。時計を見るとちょうど真夜中の12時。爆竹の光も部屋に入ってくる。何だこりゃー、家が焼けるんではないかと思うくらいの勢い。30分位続いてようやく普通の爆竹音になってくると、またいつの間にか寝てしまった。

朝も5時頃から、時々爆竹音。でも疲れていたので十分眠れた。

大量の爆竹の跡
爆竹の跡

宿を出発する時、先生がお正月の甘いドーナツをお土産を持たせてくれた。それと処方箋に書かれた、
”日本の旅人、新年おめでとう、あなたの旅が楽しめるようお祈りします。”
2013年2月10日 医師: 谢  
お土産

心のこもったお土産をいただきどうもありがとうございます。谢(Xie)先生!
このようなおもてなしやお心遣いをいただき、また中国の暮らしぶりを垣間見れて大変感謝致します。先生いつまでもお元気で!

今日はさすがに車やバイクも殆ど通らない。
道

道周辺

この辺は赤土でレンガ工場がいくつかあった。
レンガ

南宁が近づくにつれ道も良くなり極端に広い道路になっていく。12時過ぎ南宁着。人が賑わっているようなところを嗅ぎ分けながら進む。ようやく人が出入りしているデパートを見つける。
デパート

ケンタッキーやマックがある所は大体繁華街の中心だ。よし今日はこの辺でホテルを探そう。宾馆(BinGuang)は酒店(JiuDian)より規模は小さくレストランなどはない。旅人にはこれで十分で手頃な値段で泊まれる。少し裏通りに入ると近くで見つかった。
ホテル

外に出ると正月気分がしてくる。
通りで

輪投げで楽しんでいる風景。中には鳥かごに入った小鳥を取る輪投げもあった。
輪投げ

南宁

南宁

花

夕食は店がいつ店が閉まるか分からないため、早めに出かけ焼きそばと水餃子を注文。店主が焼きそばを持ってきたが、何か早口で喋っている。確認していると、怒ったような顔をして焼きそばを持って帰ろうとした。あ、先に金を払えと言ってるんだ。お金を払い一件落着。これで16元(240円)安い。
s-R0012879

走行距離: 58Km
posted by mino at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ユーラシア>China 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする